果てしなく続く青い空。あなたは考えたことはないだろうか。「宇宙人っているのかな?」と。この問に私(中澤)は自信を持ってこう答えよう。宇宙人はいる。なぜなら、東京の四谷に宇宙人が経営している店があるからだ

その名も隕石ショップ『宇宙村』。ここの村長・景山八郎さんが、オリオン座星人と地球人のハーフであることは以前の記事でお伝えした通り。そんな村長に新年のあいさつに訪れたところ、なんと福袋が売られていた。でも、1000万円って何入ってんの

・100万円の福袋の中身

売られていた福袋は最安で1万円から。5万円、10万円、50万円、100万円と3段飛ばしくらいで階段を上っていく。ちなみに、基本的には中身は分からないのだが、なぜか100万円の福袋のうち1つは中身が明示されていた。内容は……


『京都西川』の羽毛掛け布団(定価200万円)……


隕石ちゃうんかーーーーーーい!!

そこで店の人に聞いたところ基本的には隕石が入っているようだ。羽毛掛け布団は、隕石じゃないから中身が書いてるのかもしれない。

・さらに上

100万円でもほいほい買えない額だが、この上に500万円と1000万円の福袋が用意されていた。そして、この2つの福袋については中身がガラスケースに飾られている。500万円の福袋に入っている隕石は……


鉄隕石「ギベオン」(26トン)。

隕石は1グラム1000円なので、単純計算するとこの隕石は10臆円だ。値引き率が天文学的すぎる。さらに1000万円ともなると、中身がガラスケース1段を占拠している。隕石も一杯入っていてもはや流星群状態。


しかし、1000万円の福袋の中身で最も目を引いているのは……

水晶の千手観音


この千手観音について話を伺ったところ、2000万円くらいの価値があるらしい。これだけでもまさかの半額。激安である。ただ、水晶の千手観音を置く場所がないため私は1万円の福袋を購入した。中身は以下の通り。

・『宇宙村』の福袋(1万円)の中身

・オッケー願かけノート
・宇宙パワーシール
・隕石パワー入り古代水
・隕石5種(ギベオン、モロッコの隕石、イミラック・パラサイト、ヘンブリー、ナンタン)

※福袋なので中身が異なる可能性があります

──隕石は細々したものだが、全部で13グラムだったので、これだけでもお得な内容と言える。以前、村長に「隕石は財布に入れるといいよ」と言われたため、全部財布に入れてみたところ財布がモコモコになった。

願いごとが叶うという隕石パワー。しかし、叶えたい願いごとなんてこれと言って思いつかない。ではなぜ、そんな私が宇宙村を訪れるのか?

それはロマンがあるからだ。科学で解明できないことを疑いつつも、私は心のどこかで思っている。「宇宙人いたらいいな」「超能力あったらいいな」と。そんなロマンを買ったと考えると、宇宙村の福袋は安いと言えるのではないだろうか。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集

▼新年のあいさつに行ったら福袋が売られていた

▼私は1万円の福袋を購入

▼隕石パワー入り古代水も入っている

▼隕石は13グラムなのでこれだけでもお得