日本初の「マイクロブタ カフェ」が誕生した』というニュース映像とともに流れてきた、その愛くるしい姿を見たとき、私は即座に目を奪われた。可愛え……可愛すぎる……! 

実は私(ショーン)、「猫カフェ」などのアニマルカフェへ足しげく通うほど、動物ラブ。犬を飼った経験もあるし、小学校の時は飼育員だ。でもブタ、ましてや「マイクロブタ」とは今までの人生で一度も絡んだことない。会いたいぞ~マイクロブタさん!

ということでお店へ行って体験取材をしてきたので、その模様をレポートします。あと、まだあまり知られていない耳よりな情報もゲットできたので寄ってらっしゃい見てらっしゃい!

やってきたのは、東京・目黒にある「mipig cafe(マイピッグカフェ)」さん。この春にオープンしたばかりの新店だ。目黒駅から徒歩15分と、ちょこっとだけ歩く。ちなみに事前予約推奨だ。

店内へ入るとすぐ右手に全面緑色の壁が目に飛び込んでくるのだが、ん……? 手前の柵あたりに何やら気配が……?

おお~さっそくブタさんがいる~! 招きネコならぬ “招きブタ” だぁ! か、可愛い……! 会いに行けるマイクロブタが目黒にいました~! 

このアイドル的な可愛さを放っているブタさんたちと触れ合うには握手券……は不要だ。代わりに受付、手洗い+消毒、注意事項の説明を受けよう。ちなみに基本料金(最初の30分間)が800円、その後30分ごとに500円。

そして、いざ案内された部屋へ行くと……

ちょっ……まっ……!

「俺のスピードについてこれるかな?」と言わんばかりに俊敏な動きで私をかく乱する、スピードスターなブタさんたち。

……と思っていたら、マッタリしだした! じっくりと観察します。

View this post on Instagram

マッタリー's

A post shared by ショーン (@shawnrocketnews) on

……可愛すぎるやろ~!! 入口の “招きブタ” さんでも思ったけど、鳴き声は本当に「ブヒブヒ」なんだな~と改めて感動。赤ちゃんのおしゃぶりのような「ブッキュ、ブッキュ」とも聞こえる。あ~コレは癒される。HPがグングン回復する~

・ところで「マイクロブタ」って?

そういえば「マイクロブタ」の説明がまだでした。お店のホームページによると、ズバリ、体重が18~40kgまでにしか成長しないのが「マイクロブタ」で、それ以上になると「ミニブタ」「ブタ」だそうな。

・マイクロブタ ~40kg
・ミニブタ 40~100kg
・ブタ 100kg~

読者の中には「マイクロブタ」も「ミニブタ」も知っているよ~という人もいるだろう。元サッカー日本代表の前園真聖さんはミニブタを飼っていることでよく知られているし……

世界中で大人気の歌姫、アリアナ・グランデさんも飼っているマイクロブタを自身のインスタグラムにたびたび登場させている。

そう、ペットとしてブタを飼う人は世界的にジワジワと増えているのだが、実際に触れあってみると納得する。これは確かに飼いたくなっちゃうな~!

・マイクロブタとの触れ合い方

さて、マイクロブタとはどう触れ合えばいいのかというと、基本的には近づいてくるまで「待ち」だ。間違っても捕まえて抱き上げるようなことは絶対にしないように! ブタさんたちは人間に無理やり抱き上げられ、浮いた状態になると強い不安を覚えるのだそう。

でもご安心を。マイクロブタはすごく人懐っこく好奇心旺盛なので、何もしなくてもすぐにくっついてくるだろう。近いッ!(嬉しい)

ピトっとくっついてきたり、膝の上に登ってきたときは抱き上げてもOK。その際は足がプラプラしないよう、足ごと抱くか、自分の膝の上などにしっかりと着地させよう。

ブタさんがなかなか来てくれない? そんなときのためのちょっとしたヒントを店員さんに教えてもらった。それは、あえてソファーから降り、床に座って待ってあげること。すると、ブタさんとあなたの膝との高低差が縮まり、登りやすくなって触れ合うチャンスがアップするそうだ! 

・マイクロブタの触り心地、ニオイなど

マイクロブタを抱き上げてみると……ぬくぬくとした体温が感じられ、そのわずかな体重も腕を通してしっかりと伝わってくる。本当に小ぃちゃい。お顔を見つめると、つぶらな瞳をしてらっしゃる。で、すぐに寝がち。まるで赤ちゃん……ヤダ可愛い。と、男なのに思わず母性本能が湧いてきてしまう!

固めの体毛が生えている背中を撫でてみると “短めの芝生” を触っているような感触かな? 擬音にすると「わさわさ」だろうか、気持ちイイです。

ちなみにマイクロブタはあまり毛が抜けないらしく、お店を出る時に服をチェックしたが、毛は全くついていなかった。アニマルカフェへ行くと毛だらけになるのが常なので、コレは嬉しい誤算!

続いて「ニオイ」だが、意外(失礼!)なことにほぼほぼ無臭! というかなんだったらちょっと良いニオイ。店員さんに聞いたら、おそらくシャンプーの残り香では? とのこと。シャンプーするのは週1回程度だそうだが、そもそもあまり体臭が強くないのかもしれない。


・マイクロブタ=犬みたいな猫

ところで今回「mipig cafe」経営者の佐藤拓矢さんにもお話をうかがう機会に恵まれたので、率直に「マイクロブタの魅力を一言でいうなら?」という質問をぶつけてみた。

……聞いた直後、(なんでわざわざ “ひと言で” とハードルをあげるような聞き方をしたんだ?)と自分の失礼さ加減にヒヤヒヤしたが、私の心配をよそに佐藤さんは見事に “ひと言” で、しかも即答してくださいました。マイクロブタの魅力、それは「犬みたいな猫」とのこと。この言葉を聞いたとき「なるほどぉぉ!」と膝を打ちましたね。

どういうことかというと、私もたった数時間触れ合っただけだったが、マイクロブタは犬のように人懐こく、遊ぶのも大好きな動物だ。しかも、飼い主に忠実らしく、しつければちょっとした芸もできるほど頭も良いのだ。

その一方で、非常にマイペースであり、突然寝てしまったり、かと思いきや「構ってくれ」といわんばかりにちょっかいを出してくるなど、猫のようにツンデレな一面も持ち合わせている。

つまり、2大人気ペットの「犬」と「猫」の魅力を両方、兼ね備えているというのが、取材した私の実感だ。なので佐藤さんの「マイクロブタは犬みたいな猫(あるいは、猫みたいな犬)」という言葉……言い得て妙である!

そろそろ「さっそく予約しよ~♪」と考え始めている読者もいると思うが、慌てるでない! ここでお店の人から聞いた「オススメの時間帯」を教えちゃうぞ! しかも2つあるぞ! まだあまり知られていない耳より情報なハズだ。

・「オススメの時間帯」その①開店直後の10時

まず1つ目は、開店直後の10時。理由は、お客さんが比較的少ない傾向があり、その分ブタさんたちと多く触れ合うことができるからだ! 

開店直後ならブタさんに埋もれることも不可能ではない。フフフ……。

・「オススメの時間帯」その②19時30分

2つめは、19時30分。なぜかというと、19時30分過ぎから「ごはんタイム」が始まり、ブタさんたちにごはんをあげることができるのだ! 

あっという間にごはんを平らげてしまうブタさんたちだが、食後はテンションが上がるのか、動きが活発! 私が取材したときは「鼻掘り(はなほり)」という習性をパフォーマンスしてくれたブタさんもいました。

ちなみに午後には「おやつタイム」もあるらしいので、それはそれで楽しそうである。基本的にどの時間に行っても楽しめることは間違いないゾ。

と、ここでお店を訪問する前に注意してほしいことが、一点! 直近で「アフリカ豚コレラ」の発生が報告されている国(中国、及びその周辺国など)への入国履歴のある人は入店できない可能性がある。「アフリカ豚コレラ」は人に感染はしないものの、靴などで媒介する恐れがあるためだ。該当する人は訪問する前に必ずお店に問い合わせをしよう。

・マイクロブタ、飼えます

さて、実際にマイクロブタと触れ合っていると「飼ってみたいな~」という考えが浮かんでくる人もいるかと思うが、そんな方に朗報! 実はこのお店には、マイクロブタを家族として迎え入れたい人向けの相談コーナーも用意されているのだ!

希望者の住居形態や1日の在宅時間など、ブタさんたちが安心して暮らせる飼育環境が整っているかどうかをスタッフが入念に確認し、話がまとまれば、はれてあなただけのマイクロブタのお引き渡しとなる。(※4月下旬時点でのお引き渡し予定時期は、2019年12月)

もしかしたら近い将来、犬や猫と同じぐらい身近で愛される存在になるかも? そんなマイクロブタと一度会ってみたい方、大型連休(ゴールデンウィーク)中にお時間のある方は、ぜひ一度お店に足を運んでみてはいかがだろうか。きっと癒されるから。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 mipig cafe(マイピッグカフェ)※2019年3月1日オープン
住所 東京都目黒区目黒4-11-3
時間 10:00~20:00
休日 不定休(ブタさんの体調によっては臨時休業も)

参考リンク:農林水産省「アフリカ豚コレラについて」
Report :ショーン
Photo:mipig cafe / RocketNews24.

▼触れ合う部屋は建物の2階と4階にありま~す(写真は4階)

▼カフェなので当然、お茶やケーキなども! 美味。