あぁ、忙しい忙しい……忙しいったらありゃしない。フレンド機能が実装されたと思ったらスペシャルリサーチ第2弾、何ならウルトラボーナスまで始まった。最近、ポケモンGOが忙しすぎる。9月21日から10月23日までミュウツーが伝説レイドに登場するので、今から準備運動をしているトレーナーもいることだろう。

そんなイベントラッシュの影でひっそりと登場したのが「ぎんのパイルのみ」。セレビィのスペシャルリサーチで登場したかと思ったら、フィールドリサーチの報酬でも貰うことができるようになった。ポケモンに与えると捕まえやすくなり、捕まえたときにアメがかなり多めに手に入る──との説明があるが、これがなかなかどうして使いどころがない。

・まずはケッキングをジムに配置

というのも、伝説レイドボスなら捕獲率の上がる「きんのズリのみ」で仕留めておきたいし、そこらへんのポケモンならノーマルのパイルで事足りる……とケチってしまうのだ。単に私が貧乏性なだけかもしれないが、意外と道具箱に溜まっているトレーナーは多いだろう。

といっても、捨てるのももったいない。それならば……と、ジム防衛で使ってみることにしたのが今回の検証である。まずはジムの空席に滑り込み、手塩にかけて育ててきたCP4525のケッキングを配置。「50ポケコインを持って帰ってこいよ」と元気に送り出した。

・もっとも厄介なのがきんズリ防衛マン

ただ、トレーナーなら知っての通り、ジムはすぐに攻撃される。みんなポケコインが欲しいし、愛しのレアポケモンを置いてドヤりたいのだ。そこで防衛するために使えるのが「きんのズリのみ」で、遠隔地からでも悪魔的な効果を発揮する。

きんズリはジムに置いたポケモンのやる気をガッツリ回復させることができるため、ネット上で「きんズリ防衛マン」なんて呼ばれ方をして煙たい存在になっている。確かに「きんズリ防衛」されたら攻略がだいぶ面倒になる。

・きんズリ vs ぎんパイル

で、気になるのは回復する数値だろうが、タイミングよくジムバトルが発生してくれたので、ケッキングのやる気を削られたところでそれぞれ投入してみた。まずは「きんズリ」から確かめてみたところ……


+1740! 効果はばつぐんだ!!


2780から一気に4000オーバーと、恐ろしいまでにケッキングのやる気が回復した。攻略しようとしているトレーナーの心を根っこから折ってしまうような破壊力はもはや非道。「きんのズリのみ」改め「あくまのみ」でもいいかもしれない。と名称はさておき……


気になるのは「ぎんのパイルのみ」の数値である。


これまたやる気を削られたところで与えてみると……



+1085……!!


やはり「きん」と「ぎん」の差は大きいのか、ぎんのパイルのみの方が効果はイマイチだった。とはいえ、一気に1000以上回復しているので、普通のきのみに比べると天と地の差がある

ぎんのパイルのみは使いどころがない……のかもしれないが、今回の検証結果から考えるとジム防衛よりもレイドボスに使うのが良さそうだ。あと、腕に自信のあるトレーナーならミュウツーに使うのもありかも……!

執筆:原田たかし
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)