もう800回ほど寝ると、東京オリンピック、パラリンピックがやってくる。おそらく「生きているうちに日本で開催される唯一のオリンピック」だという人も多いことだろうから、スタジアムでの生観戦を計画している人も少なく無いハズだ。

中でも人気が集中しそうなのが「開会式」であるが、共同通信によるとなんとチケットの価格は28万8000円になるという。28万……8000円! 詳細は明かされていないが、全席この値段ってことはないですよね、東京オリンピックさん?

・チケットの詳細は不明

共同通信が報じたとことによれば、東京五輪・パラリンピック組織委員会は、一般向けの五輪入場券の最高価格を開会式は28万8000円、競技は陸上の10万8000円とする方向で検討しているという。

これがボクシングでいうところの「超VIP席」なのか、それとも「平均価格」なのか、それともそれとも「最低価格」なのかは明かされていないが「28万8000円」という価格設定を聞いただけで「はい、行けない」と諦めざるを得ない人も多いことだろう。

ちなみに競技の入場券については、種目は不明であるものの「2000円台から」と報じられている。どんな競技でもいい……とにかく「東京オリンピックを生観戦したという事実が欲しい」という人には、とりあえず一安心といったところだろうか。

・ネットの声

「まさかこれが平均ってことはないよな?」
「逆にVIPなら安すぎる気もする」
「開会式見たいってバアちゃんが言ってたんだけど、これはきつい」
「もちろん他の価格もありますよね?」
「一番安い競技ってなんなんだろうな?」
「陸上は決勝の日が高いのかな?」
「フルマラソンを沿道から応援すれば0円だぞ」
「テレビで十分です」
「関係者席確保しすぎてガラガラだけはやめて欲しい」

冒頭でもお伝えした通り、もう800日ほどで東京オリンピックは開催される。入場料を含め様々なことが決定してくるだろうが、そのたびに話題を呼びそうだ。

参照元:共同通信東京オリンピックパラリンピック
執筆:P.K.サンジュン