朗報か!? それとも悲報か!? 感情が乱れていて自分でも判断がつかないが、とにかく皆さんにお伝えしなければならないことがある。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都の発表によると、東京オリンピック開催期間中はJR山手線や地下鉄各線の終電時刻が、おおむね午前2時すぎまで繰り下げになるというのだ! 繰り返す、終電が午前2時すぎになるぞーーー!!

・東京五輪に合わせて

本日2019年3月15日に発表されたこの衝撃的な決定。「大会期間中の列車の混雑や深夜時間帯における競技会場からの帰宅の需要に対応するため」というのがその理由のようだ。実施期間はオリンピック開会式~閉会式に当たる2020年7月24日深夜~8月9日の深夜の予定となっている。

・終電時刻が繰り下げ

気になる運行時間についてだが、JR山手線、東京メトロ・都営地下鉄の各線はおおむね午前2時すぎまで。その他の路線も、おおむね1時台から2時頃までの運行が検討されているとのこと。

これは都心部に限った話ではなく、山手線から郊外に向かう下り列車も30分~90分程度繰り下がるようだぞ。詳しくは、組織委員会と東京都が公表している路線図をご確認いただきたい。

・今後の発表に注目

上記の路線・運行時間の目安は現在検討中の内容であり、変更となる可能性もあるため注意が必要だ。また、それ以外のエリアについても現在検討中だという。

最後に、終電終了後の運行を検討している鉄道事業者を以下にまとめたい。


「東日本旅客鉄道株式会社、京浜急行電鉄株式会社、東京臨海高速鉄道株式会社、東武鉄道株式会社、東京地下鉄株式会社、首都圏新都市鉄道株式会社、西武鉄道株式会社、相模鉄道株式会社、埼玉高速鉄道株式会社、京成電鉄株式会社、北総鉄道株式会社、東京都交通局、京王電鉄株式会社、東京モノレール株式会社、横浜市交通局、小田急電鉄株式会社、株式会社ゆりかもめ、東京急行電鉄株式会社、横浜高速鉄道株式会社」


・朗報? 悲報?

終電というと深夜0時~1時くらいのイメージだが、それが午前2時すぎになるということは当然、残業できる時間も増えることになる。やったーーー! これでいつもより長く残業できるよ!! あなたの会社ではどうなるのかな? 今後の発表が楽しみだネ☆

参照元:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会東京都
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.