100円ショップで100円グッズを選んでいるとき、たびたび「なんで無地じゃないんだよぅ!」と地団駄を踏むことがある。無駄にファンシーなイラストや、なんだかよくわからない「英語」がデザイン的にプリントされていたりするのである。

いったいなぜ、入れてしまうのか。無地じゃダメなのか。無地にしたら間違いなくもっと売れる気がする……のだが、とにかく「謎の英語」が入っている。たとえば先日、仕事で使うためにセリアで購入したA4サイズのバインダーのように……。

まずは大きく「A4」。A4サイズを意味していると思われるが、もしかしたら違うかもしれない。そのまわりには、意味ありげな英文が書いてあるのだが、とりあえずGoogle翻訳アプリで確認してみたところ……

なんだかよくわからない。わりと簡単な英語なので、高校時代に「英語2」の成績だった私でも、なんとなく意味がわかる部分もあるのだが、ここはひとつ、英語の専門家に意見を聞いてみることにしよう。

ということでご登場願いますのは、英語版ロケットニュース24こと『SoraNews24』でも記事をバリバリ書いているアメリカ人、ケーシー・バシールさんで〜す!! ケイシーさ〜ん、ちょっと聞きたいことがあります!

ケイシー「Goさん、おはようございます!」

──コレ、なんて書いてあるのか、日本語で教えてください!

ケイシー「まず、I find that the harder I work, the more luck I seem to have.は、「頑張れば頑張るほど『運』が付くような気がしてきた。」ですね」

──運の話だったのですかこれ!

ケイシー「次に、Each problem that I solved became a rule which served afterwards to solve other prlblems」は、「問題を解決するたびに、その解決方法は今後の問題を解決するルールになって役立った。」です」

──わりと難しいことを言いますね。

ケイシー「There are no facts, only interpretations.は、「世の中に事実なんて絶対にない。あるのは解釈のみ。」で……

──で……(ごくり……)

ケイシー「A4は……「A4サイズ」です」

──やはりA4サイズでしたか!٩( ‘ω’ )و

ケイシー「Try to learn something about everything and everything about something.は、「どんな分野について少しでも学んで、ある分野について全てを学んで。」ですね〜」

──とにかく学べと。で、この英語を見て、アメリカ人のケイシーさんは、どう思いましたか?

ケイシー「まぁ、偉大なこと色々言っていて、とりあえず “知識を追いかけて頭を良くしよう!” って感じなので、勉強、または研究系の仕事には悪くないポリシーですね。しかし……」

──しかし!?

ケイシー「バインダーにここまで言われると、ちょっと「おい、バインダーくん、ちょっと偉そうじゃないか?」って感じもする」

──たしかに(笑)

ケイシー「特に後半の『There are no facts, only interpretations.』と『Try to learn something about everything and everything about something』は、鼻が高くなっている感じがしますね

──なるほど! 上から目線であると!!

ケイシー「そして面白いことに、「problems / 問題」のスペルが間違っているので( prlblems になっている)ちょっと笑えます。“ほらみろ! デッカイことばっか言ってるからミスるんだよ” みたいな(笑)」

──スペル間違っていたんですか!(笑)

ケイシー「とにかくちょっと堅苦しくて、たぶん自分だったら選ばない英語ですね。特にすごいプロジェクトのためじゃなければ、たとえば単なる雑用の書類を入れるには、ちょっと使いづらいかな……」

──なるほど。日本語で「少年よ大志を抱け」って書いてあるバインダーを使うようなものかしら?

ケイシー「もしかしたら、誰か有名人の名言かもしれません。少なくとも、『Each problem that I solved became a rule which served afterwards to solve other problems』は、フランス生まれの哲学者ルネ・デカルトの名言らしいです」

──とのことである。

これを日本に例えるならば、福沢諭吉の名言(格言)が印刷されていたり、あいだみつおの詩がプリントされているようなものか。いずれにしても、A4がA4であるという解釈が正しくて本当に良かった。運を付けるために、今後もがんばるぞ!

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証