米ロックバンド「フー・ファイターズ」は日本でも高い人気を誇る。昨年は夏のロックフェスティバル “サマーソニック” にヘッドライナーとして出演し、日本中を熱くロックしてくれた。

そんな彼らがファンをステージに上げてギターを弾かせたら、信じられない展開になっていた。なんとファンが超絶テクを披露し、それにビックリしたボーカルが歌詞を忘れる事態にまでなってしまったのである!

・フー・ファイターズのファンがステージへ!

動画「Kiss Guy (YAYO Sanchez) plays Monkeywrench w/ Foo Fighters」が撮影されたのは、米テキサス州オースティンで開催されたフー・ファイターズのコンサートだ。その最中、ボーカルのデイヴ・グロールはロックバンド「キッス」のメイクを施した青年をステージに上げた。

彼が名前を名乗らなかったので、デイヴは彼のことを「キッス・ガイ」と呼ぶことに。いきなりステージに上げられたキッス・ガイは少し緊張しているようだが、デイヴは「弾いてみろ」といわんばかりにギターを手渡す。

・ギターが超バカウマだった!

普通であれば、突然ステージ上でギターを渡されても上手く弾くことはできない。最悪、ブンブン腕を振り回してエアギターでごまかすしかないところだ。ファンはヤンヤの喝采となっていたが、きっと大多数が「大丈夫かよ!?」と思っていたに違いない。

ところが、キッス・ガイはおもむろにズボンのポケットからギターのピックを取り出したことで状況は一変。デイヴも「自分のピックを持ってるぞ!」と観客に伝えて少し意外そうである。「ということは、彼はギターを弾けるのか!?」と固唾(かたず)を飲んで見守っていると……

なんとキッス・ガイはヘドバンで演奏開始! ドラムの音で勢い良く始まった曲『モンキー・レンチ』に合わせて、超バカウマなギターの腕前を披露したのだ。彼の超絶テクにはデイヴもビックリで、途中で歌詞を忘れてしまうほど衝撃を受けていた。

・床にひれ伏してしまったデイヴ

キッス・ガイは、トンでもなくスゴいギターソロも立て続けに披露する。結果、超ロックなステージングでキメたキッス・ガイをデイヴも大絶賛。最後は「参りました~!」と床にひれ伏し、最高の盛り上がりで曲が締めくくられたのであった。

ちなみに、ライブ後にキッス・ガイはヨヨ・サンチェスさんだと判明。彼のSNSを見ると、ミュージシャンとして本格的に活動を行っている模様で、どうやらデイヴはステージに上げるべき人物をちゃんと見分けていたようだ。

参照元:Instagram @yayosanchez333YouTube
執筆:Nekolas

▼フー・ファイターズのステージに上げられたファンのギターの腕前がスゴかった!

▼「フー・ファイターズのライブが楽しみだ!」とコメントしたヨヨさん

View this post on Instagram

SO EXCITED FOR @foofighters TONIGHT!!!!!!

A post shared by Yayo Sanchez (@yayosanchez333) on

▼ミュージシャンとして活動しているようだぞ!

View this post on Instagram

Im 25 years old in 2 hours and 14 minutes #mood

A post shared by Yayo Sanchez (@yayosanchez333) on