風呂場の鏡を覗き込んだら、自分の顔にビッシリと白い斑点が……!! やっ、やだ……なにこれ……なによこれーーーーーッ……と思ってよく見たら、鏡についた水垢だったなんて経験、あるだろうか? 私はないのだが、とにかく鏡の水垢はキタナラしい。

かく言う私の家の風呂場の鏡も、まるで粉を吹いているような水垢が、あたかもヒョウ柄のようにこびりついている。なんとかキレイに掃除したいなァ〜と思い立って購入したのが、ダイソーの『ダイヤモンド ウロコとり』だったのである。もち100円だ。

最初は「ふっ……ダイヤモンドだなんて、大げさよのぅ……(笑)」とバカにしながらパッケージを眺めていたのだが、よ〜く裏面の注意書きを確認すると……

「人工ダイヤモンド研磨材を使用した、プロ仕様の特殊研磨シートです」

なんてことが書いてある! 天然だろうが人工だろうが、ダイヤモンドはダイヤモンド。100円で買えるダイヤモンドなんだね〜! うまく言えないけれど宝物だよ。

それはどうでもいいとして、まずはスポンジ的な本体の上部に付いているプリプリ……

……ではなくツルツルの透明シールをペロリと剥がす。すると……なんと……

なぜか鏡に「ピタッ」と貼り付く。なかなか便利。これがひとつの売りらしい。

ひっくり返すと、網目状の模様が見える。おそらくこれが……人工ダイヤモンド研磨材! この網目が水垢を削ぎ落とすのであろう。なんだかピカピカになる予感……!!

あとは洗面台の鏡に軽く水をかけて〜

網目状んとこも水で濡らして〜の〜

ゴシゴシゴシ……

そして水で洗い流すと……

ワオ、キレイ!!

さらに100円で購入したスクレイパー(ワイパー)で水を切ってみると……

なんと……

新品同様っ……!!



こんなに綺麗になるのなら、さらに頑固な水垢がこびりついた風呂場の鏡も復活するかも……と、

淡い期待を込めながら、くつした脱いでバスタブにイン。

先ほどと同じく、まずは鏡をシャワーで濡らして……

ヒャァ! つめたっ!!

冷たい泉に素足をひたして……

見上げるスカイスクレイパー。

……とかやってるうちに……

ガンコな水垢もとれたやん! めっちゃピカピカになってるやん! さすがは人工ダイヤモンド研磨材! ダイヤモンドだね〜! ダイヤモンドだね〜!! あの時感じた予感は本物。いま私を動かしてる、そんな気持ち。あの時感じた気持ちは本物。いま私を動かすのは、ダイヤモンド ウロコとり。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証