子供が生まれると、何かと制約ができるものだ。そのひとつが「映画館での映画鑑賞」。子供向け映画でない限り、乳幼児を連れていけるわけもなく、「映画を見ている間だけ預ける」というのも難しい人が多いだろう。

私も1才になる娘がおり、生まれてから1度も映画館に足を運んではいない。次に映画を見に行けるのは何年か後のことかなぁ……と思っていたら! 

ある映画館で「大人向けの映画でベビー&幼児同伴OK」、しかも「授乳しながら見てもOK」という回があるというではないか! 映画を見ながら授乳もできてしまうとは……一体どういうことなのか、実際に行ってみた!

・映画館の「授乳OK上映」とは?

ということで、訪れたのは新潟県上越市にある映画館「高田世界館」だ。以前の記事で紹介したように日本最古級の映画館として有名だが、さまざまなイベントが企画されていることでも知られている。そこで “授乳OK上映” とは!

その概要をザックリ説明すると、

「高田世界館で上映中の育児ドキュメンタリー『いのちのはじまり』で、乳幼児同伴OKに。上映中にぐずっても大丈夫! 館内にオムツ替えスペースあり、そして座席エリアには授乳スペースも設置で、パパママも安心して映画が楽しめる」

──というものである。

最近では子連れOKの映画館も増えており、化粧室に授乳室がある映画館も少なくない。だが、座席エリアに授乳スペースがあるとは珍しい! 

“授乳OK上映” の回は、映画館内の1階席にいるのは女性だけ。男性は2階席での鑑賞となるそう。もし、ママ本人が気にならないのであれば、1階後方の死角となる部分で授乳しながら映画を見ることもできるという。

元々劇場だった同館の2階席はバルコニー状にせりだしており、確かに2階から1階後方は見えない構造だ。また、映画を見ながら子供にお茶や おやつをあげてもよい、とのことである。

・それでも不安はあった

映画館側の受け入れ態勢はバッチリ。しかし、それでも不安があった。

まず、初めての環境、それも自由に遊べない場所で「子供にストレスがかからないか」という点。そして、泣いたり、声をあげたりして「他のお客さんに迷惑がかかったらどうしよう」という点だ。

いくら子供OKと言われても、見渡せば厳しい目もある昨今。ドキドキしながら、1才児と映画鑑賞した結果……次ページへGOだ!

参考リンク:高田世界館
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.