あなたは自動ドアに期待を裏切られたことがあるだろうか? 開くと思ったら、開かずに顔をぶつけた経験がある人もいるだろう。奴らはたまに私たちを裏切ってくる

だが、そんなセンサーの感知レベルとは桁が違う裏切り方をする自動ドアに出会ってしまった。マ、マジかよ! 予想の斜め上すぎるだろ!!

・入り口の奥に続く長いエスカレーター

ある日のこと。街を歩いて疲れた私(中澤)は、あるお洒落そうな喫茶店を発見した。縦に細長い入り口には自動ドアがハマっており、奥にはエスカレーターが見える。長いエスカレーター。どうやら店は2階にあるようだが、エスカレーターの行く先は外からは見えない。

なんとなく冒険心が刺激される。この先にはどんな世界が広がっているのか? ひょっとしたら、異世界につながっていたりして。もしくは、スタンド使いにしか見えない入り口だったりして

・一歩踏み出したその時

少し奇妙な縦長の形状の入り口は、そんな想像が膨らむには十分の雰囲気だった。一歩踏み出す私……と、その時

な、なんじゃこりゃーーーーーー!? 自動ドアが! 自動ドアがああああああああ!?

あ……ありのまま今起こったことを話すぜ! 俺は自動ドアに向かって歩いていたと思ったら、いつのまにか裏切られていた。な……何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった……頭がどうにかなりそうだった……センサーが反応しなかったとか顔をぶつけたとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。

思わずポルナレフになってしまうほど予想の斜め上だったこの自動ドア。初見の人は100パーセント期待を裏切られるに違いない。詳細は動画で確認してみてくれ!

期待を裏切っていくスタイルの自動ドア

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

・池袋でオススメの純喫茶

なお、この自動ドアがあるのは、池袋西口のカフェ・ド・巴里(パリ)というお店。店内はハイカラさが漂う落ち着ける雰囲気で、喫茶店に行くことを目的として通える店である。池袋西口で時間をつぶしたいあなたへ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 カフェ・ド・巴里
住所 東京都豊島区西池袋1-23-1
営業時間 7:00~23:30
定休日 無休

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼店内はハイカラさが漂う落ち着ける雰囲気


▼喫茶店に行くことを目的として通える店である