外食とは単なる「食べ物を購入してその場で食べる」という行為ではない。目で楽しみ、耳で音を感じ、雰囲気も味わうという五感をフル活用したものだ。提供する側のお店もまた、様々な創意工夫で客をもてなしている。

たとえば「目の前での調理」も創意工夫のひとつであるが……いま、あるシェフのスキルがハンパないと世界で話題になっているのをご存知だろうか? 彼が作る料理は外国人も大好きな「鉄板焼き」! 調理の最中に思いもよらないパフォーマンスを見せ、世界を魅了しているのである。

・この鉄板焼きシェフがスゴイ!

動画に映し出されているのは、1人のシェフだ。彼が生卵を手にとったかと思うと、ポンッと空中に放り投げた。そのまま、割って焼くのかと思いきや……えええええーッ!?

なんとコテをラケットに、卵をピンポン玉のようにしてリフティング(球上げ)を始めたのである。ポーンポンとコテの上を跳ねる卵。なんという絶妙な力加減だろう。

そしてクライマックスで、卵がコテに刺さってしまった。ああ、これで終了……ではない! さらに驚くべきパフォーマンスを見せたのである、その神ワザは是非みなさんの目で確かめていただきたいが、マジハンパねえぞ!

・シェフは中国人? 日本人?

この動画は「Chinese Chef Egg trick」などというタイトルで、世界中でシェアされまくり、賞賛の声が寄せられている

「アメイジング!」
「すごいな、まるでマジックだ」
「さすがアジア人」
「チャクラの力かな?」
「面白い! でも食べるのが待ちきれない!!」

一方で

「本当に中国人?」
「鉄板焼きは日本料理なのでは?」
「こういうワザをやるのは日本人じゃないのか?」

という声も。

指摘のとおりシェフが中国人かどうかの確証はない。しかし、鉄板焼きの店は何も日本だけに存在するものでもない。中国や台湾、香港にもある。もちろんアメリカなど非アジア圏でもだ。外国で中国人シェフが働いているというパターンも考えられるだろう。

たしかに、どこの店でこのパフォーマンスが見られるのか非常に気になる! そういう意味で、店情報は知りたかった! しかしシェフの国籍がどうとか関係ないじゃないか。彼の技術が並のものではなく、世界のネットユーザーの心をつかんだということは事実である。

参照元:YouTube[1][2]
執筆:沢井メグ

▼話題の動画

▼ニュースにもなっているぞ