何事も、意外な組み合わせが独特なハーモニーを醸し出すことがあるが、食べ物も例外ではない。フライドポテトにアイスクリームや、ベルギーワッフル&フライドチキンのメープルシロップがけなど、「ええ~……!」という組み合わせが絶品だったりするのだ。

そして、そんなアイディアから、アイスクリームとタコスを合わせた「アイスクリーム・タコス」を販売するショップが誕生!! 一体、どんな仕上がりになっているのだろうか!?

・「アイスクリーム・タコス」が人気上昇中!


‟アイスクリームとタコス” という意外な組み合わせを生み出して話題となっているのは、カナダのトロントに店を構える「Booyah:ブーヤ」だ。ちなみにBooyahとは、英語で「やった!」「すごいだろ!!」といった意味である。

タコスはメキシコ料理で、トルティーヤと呼ばれる薄い生地に、チキンやビーフ、野菜を載せてサルサをかけて食べる軽食である。

・タコスにアイディアを得た新型アイスクリーム!?

トルティーヤにはソフトとハードの2種類があり、ハードはソフトタイプを油で揚げたものだ。なので、‟アイスクリーム・タコス” と聞いた時に、筆者は、「ハードタイプのトルティーヤにアイスクリームを載せているのかな」と思った。

ところが、同店が出しているアイスクリーム・タコスは、トルティーヤの形をした自家製ワッフルを使用しているのだそう。そのため、完全なるメキシコ料理とアイスクリームの融合というよりは、タコスにアイディアを得た新型アイスと言えそうだ。

・盛り盛りのアイスクリームが超ボリューミー!

実際のトルティーヤよりも少し大き目のワッフルは、縁がチョコレートとカラースプレーでコーティングされ、なんともキュート!

その上に、チョイスした3種類のフレイバーが2スクープずつ載せられ、かなりの盛り盛り状態である。発想はユニークだが、アイスクリームがワッフルの横から溶け出してきそうなので、早く平らげる必要がありそうだ。

アイスクリーム・タコスと呼ぶからには、本物のトルティーヤを使った種類も用意しておけば、案外売れるかもしれない。筆者は、インド料理のナンを手作りし始めるまでは、トルティーヤにキーマカレーを載せて食べていたことがあったが、なかなか相性が良かったことを付け加えておきたい。

参照元:Facebook @Booyah Inc.LOST AT E MINOR(英語)
執筆:Nekolas

▼すごいボリューム! すぐに平らげないと溶けて大変なことになりそうだ