2 (1)

旅のホテル選びのポイントには、価格、立地、露天風呂の有無などがあるが、同じくらい大事なのは「朝食の内容」だろう! どんなに観光地に近くても、どんなに寝心地がよくても、朝食がショボ~ンなら、旅行の思い出もショボ~ンになってしまう。

日本国内の「朝食が美味しいホテルランキング2015」が発表されていたので紹介したい。ランクインしたホテルの朝食は、「ご飯目当てに泊まりに行ってもいいくらい」というほどハイレベルらしいぞ! 

このランキングを発表したのは、大手旅行情報サイト「トリップアドバイザー」だ。2014年に投稿された日本語の口コミを元に集計された結果であるという。ランキングは以下のとおり。

【行ってよかった! 朝食のおいしいホテルランキング2015】
1位:ホテルピエナ神戸 / 兵庫県神戸市(1→)
2位:ラビスタ函館ベイ / 北海道函館市(2→)
3位:札幌グランドホテル / 北海道札幌市(12↑)
4位:ホテル京阪札幌 / 北海道札幌市(3↓)
5位:函館国際ホテル / 北海道函館市(5→)
6位:センチュリーロイヤルホテル / 北海道札幌市(圏外↑)
7位:城山観光ホテル / 鹿児島県鹿児島市(9↑)
8位:ホテル ロコア ナハ / 沖縄県那覇市(16↑)
9位:ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄 / 沖縄県読谷村(4↓)
10位:旭川グランドホテル / 北海道旭川市(圏外↑)

11位:三井ガーデンホテル岡山 / 岡山県岡山市(圏外↑)
12位:リーガロイヤルホテル(大阪) / 大阪府大阪市(8↓)
13位:リッチモンドホテル山形駅前 / 山形県山形市(20↑)
14位:ホテル日航金沢 / 石川県金沢市(13↓)
15位:シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル / 千葉県浦安市(6↓)
16位:ホテルオークラ東京ベイ / 千葉県浦安市(圏外↑)
17位:ダイワロイネットホテル那覇国際通り / 沖縄県那覇市(圏外↑)
18位:JRタワーホテル日航札幌 / 北海道札幌市(11↓)
19位:ラグナガーデンホテル / 沖縄県宜野湾市(圏外↑)
20位ドーミーインPremium小樽 / 北海道小樽市(圏外↑)
(※カッコ内は2014年版の順位)

・3年連続1位! 安定の「ホテルピエナ神戸」

1位は3年連続1位を獲得している「ホテルピエナ神戸」だ。朝からステーキや丹波産黒大豆味噌のお味噌汁など食材にこだわった和洋食が提供されている。さらに、パティシエ手作りのこだわりスイーツ、ドリンクバーのコーヒーや紅茶にも専門店の豆や茶葉を使うなど、細部にまでポスピタリティが行き渡っている。

しかも、早割なら朝食コミでも1万円以下で宿泊できるプランも。コスパも素晴らしく、支持され続けるのも納得だ。

・トップ10のうち6つが北海道

そして、2位はランキングの常連「ラビスタ函館ベイ」。続いて3位、4位、5位……とトップ10のなかに北海道勢がなんと6カ所もランクインしている! どのホテルも北海道ならではの食材がふんだんに使われたメニューが宿泊客の心をつかんでいるもよう。

実際に、5位の函館国際ホテルに泊まってみたGO羽鳥記者は「函館の海幸(うみさち)ハンパねえ!!」と感激したらしい。

また、以前の記事でもご紹介したが、20位の「ドーミーインPremium小樽」と2位の「ラビスタ函館ベイ」は、実は同じグループが経営している。同じグループから2カ所もランクインとは、朝食に相当チカラを入れているんだなぁ。

旅行者にとってホテルの一番の役割は「寝ること」「旅の拠点」なのは確か。しかし、フカフカの布団で寝て、普段食べられないような美味し~い朝食を食べる……こういう非日常感があってこそ、解放感があるというものだ。

美味しい朝食は旅に華を添えてくれるはず。是非とも旅の参考にしてほしいぞ!

参照元:トリップアドバイザーホテルピエナ神戸
執筆:沢井メグ

▼1位:ホテルピエナ神戸
01
▼2位:ラビスタ函館ベイ
2 (1)
▼3位:札幌グランドホテル
03_札幌グランドホテル
▼4位:ホテル京阪札幌
2 (3)
▼5位:函館国際ホテル
2 (4)
▼6位:センチュリーロイヤルホテル
2 (5)
▼7位:城山観光ホテル
2 (6)
▼8位:ホテル ロコア ナハ
2 (7)
▼9位:ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄
2 (8)
▼10位:旭川グランドホテル
2 (9)