veder

五月人形とは、男子の誕生を祝うとともに、無事に成長し、強く逞しく賢い大人になるようにとの願いを込めて、5月5日端午の節句に飾る人形のことである。鎧・兜・刀・金太郎あたりが一般的であるが、まさかの五月人形がネットで話題になっているのでご紹介したい。

そのまさかとは、映画スターウォーズの悪役『ダースベイダー』がモチーフになった五月人形。しかも「顔が命のよしとく~♪」でお馴染みの、吉徳大光が手掛けているというから見逃せない。

・異次元のコラボレーション

言うまでもないが、スターウォーズとはあのスターウォーズで、ダースベイダーとはあのダースベイダーである。2015年12月18日公開のエピソード7、「フォースの覚醒」を心待ちにしているファンも多いことだろう。

一方の吉徳大光は、1711年創業と300年……さ・ん・びゃ・く・ね・ん以上の歴史を持つ、人形店の老舗中の老舗である。ときの江戸幕府将軍は、六代・徳川家宣(とくがわ いえのぶ)の時代……。300年以上の時と、遥か銀河のかなたを結ぶ、“ロマンティックの結晶” が『ダースベイダー五月人形』なのだ!

そんなダースベイダー五月人形は、ネット上でも熱い視線が注がれているので、いくつかご紹介したい。

「普通に欲しい」
「意外と違和感がない」
「子供がダークサイドに落ちそう」
「悪そう」
「迫力ありすぎ」
「我が家にあります(笑)」

など……と寄せられている。筆者も画像を見てみたが、博物館などに展示されていたら、一瞬で「ダースベイダーだ!」と見抜くのは難しいほどハマっている。そして、その迫力は完全に大名クラス! 足軽では近付くことさえ許されない、格があるように感じた。

また確かに悪そうではあるが、「厄除け」と言う意味では、完全に厄を断ち切ってくれそうな頼もしさを感じる。これさえあれば、五月人形のご利益とフォースのパワーで、きっと「強く逞しく賢い男性」になることだろう。──たぶん

気になるお値段は、「鎧飾りタイプ」が35万6400円、「兜飾りタイプ」が19万4400円だ! 幼い男子がいるパパとママは必見や!! おじいちゃん・おばあちゃんが孫に送る場合は、飾るスペースがあるか確認してからにしましょうね!

参照元:吉得大光Facebook
執筆:P.K.サンジュン

▼ダースベイダー五月人形だ! 意外と違和感がない気がするが、いかがかな?