2013-08-26_173103
パンダといえば白黒のツートンカラーがトレードマーク。パンダはその愛らしい姿で世界中から愛されているが、この世には「茶色のパンダ」が存在するのをご存知だろうか?

この茶色のパンダは非常に珍しく、現在は世界にたった1頭しかいないというのだ。その映像が公開され、茶色のキュートな姿が話題となっている。

・世界に1頭しかいない茶色のパンダ
世界で1頭しかいないという茶色のパンダがいるのは、中国陝西省の「希少野生動物・救急飼育研究センター」だ。茶色のパンダが存在することは以前から知られていたが、今回、映像が公開されて再び注目されているのである。

その注目のパンダの名前は「七仔(チーザイ)」だ。チーザイは2009年11月に秦嶺山脈で保護された。当時生後2カ月であったが、ほかのパンダとはすでに色が違ったという。

・セピア色の毛並み
チーザイの毛の色を見てみると、確かに色が薄い! 耳、目、足に色がついていて、ほかの部分が白っぽいという点では一般のパンダと同じだが、色がついている部分が茶色である。目の周りなんかは特に薄く、光の加減では模様がないかのようにさえ見える。その色の違いは白黒パンダと並ぶとハッキリとわかるぞ。

・ネットユーザーの声
「萌ええええ!!」
「キレーイ!」
「レトロな感じがする」
「白黒パンダより可愛いんじゃない?」
「これでやっとカラー写真が撮れるね(笑)」
「目の下のクマがとれてよかったね~(笑)」
「アルビノかな?」
「ぬいぐるみみたーい!!」
「白黒パンダが『オレオ』なら、茶色パンダ『チョコクッキー』だ」
「どこかの動物園が白黒パンダを脱色して展示なんてしなきゃいいけど」

・茶色のパンダは非常に珍しい / 茶色の秘密も解明されておらず
茶色のパンダは過去にも確認されており、チーザイは5頭目にあたる。チーザイの前に茶色のパンダが確認されたのは1985年のことだ。だがこのとき発見された茶色のパンダ「丹丹」は2000年に死亡しており、現在確認されている茶色のパンダはチーザイのみ。しかも、なぜほかのパンダと色が異なるのかは解明されていないという。

・チーザイももうすぐ繁殖年齢
中国報道によると、チーザイは現在、4歳。30年ほど生きるパンダの寿命から換算すると人間なら16歳くらいであるという。パンダの交配は一般的に5~6歳くらいから可能であると言われている。チーザイももうすぐ繁殖できる年齢だ。

チーザイの子どもは果たして白黒なのか、茶色なのか、とても気になるところだ。

参照元:YoukuYouTube
執筆:沢井メグ

▼こちらが中国ニュース動画だ、チーザイの登場は1:01~

▼白黒パンダと並ぶと色の違いがよくわかる


▼中国動画ニュース(中国動画サイト、表示されない場合は再読み込みをしてください)
http://v.youku.com/v_show/id_XNjAwNjMzNjQ4.html