20150819091858_580px

アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツといえば、第二次大戦中におけるユダヤ人の大量虐殺で有名だ。そしてそのナチスのシンボルマークが、鉤十字(かぎじゅうじ)、別名ハーケンクロイツである。日本では寺院を表す地図記号 “卍(まんじ)” と非常によく似ているこの鉤十字だが、海外での扱いは非常にデリケート。

ハーケンクロイツそのものはおろか、それを連想させるもの一切の使用を禁止している国もあるほどだ。海外においてはそれほどまでにタブー視されているハーケンクロイツだが……なんと日本の “しまむら” では、そんなハーケンクロイツを堂々とあしらったファッションが、激安価格で絶賛販売されているという。そしてそのことが案の定、ネットで話題を呼んでいる。

・近所のしまむらに普通にあった

さっそく近所のしまむらに足を運んでみると……、あるある! あっさりと見つかった。問題のファッションとは、ネックレスが付属した白いタンクトップ。このネックレスをよーくみてみると……クロスの真ん中に、扇風機のようなマークが。よく見ると……ゲッ! 『右卍』! これ、ハーケンクロイツじゃん‼︎

・『右卍』と『左卍』

今回問題視されているナチスの紋章である鉤十字(ハーケンクロイツ)は、『右卍』と呼ばれるもの。日本において寺院を表すのに用いられている地図記号の “卍” は『左卍』。形は似ているが、鉤(かぎ)の部分の向きが逆なのだ。

数行上で、「ゲッ!」と驚いてはみたものの……私(筆者)も、「ハーケンクロイツがあしらわれている」と知った上で眺めて初めて気づく程度。ぱっと見で卍の向きが右なのか左なのかは、よくよく目を凝らして見ないとわからない。

・ハーケンクロイツへの感じ方の違い

多民族国家ではない日本にとっては、ユダヤ人の迫害は歴史的にみてとても残虐な事実である事は知っていても、あまり身近には感じられない。ゆえに、ハーケンクロイツ(右卍)への反応も海外のそれに比べるとかなり鈍いことは否めない。

そのためネットでは「なぜいけないのか」がしっくりきていない人々も多い。中には左卍と混同して、ますます「ダメな理由がわからない」人も。では、所変わって海外では、この事は一体どのように映るのか……当サイトの英語版ライター陣に聞いてみた。

・外国人の感じ方

『Q、ナチスのマークの入ったTシャツが日本の洋服屋で売られていましたが、これに関してどう思いますか? アリ or ナシ』

・やめたほうがいいですね……。ただのファッショングッズですが、もしこれをつけたら「俺は人種差別主義者だ」と言っていると一緒だと思います。(イギリス・男性)

・「まぁ、ナチスが勝手に使った前は普通の仏教のマークだっただろう?」で無理やり大目で見てあげようとしても、このIron Crossの十字の上に着けているから「いやぁ、完全にナチスだなぁ」と思ってしまう。

確かにナチスの制服は有名なファッションデザイナー、Hugo Bossも手掛けて「おしゃれ」の点もあるはずが、これはあまりになぁ……。しかもこのキラキラしているシャツとセットになっていて、これを着ているチャラオを見かけたら「世界史は知らなさすぎだな……。もう少し勉強が出来ているまで家を出掛けないでくれ」って思ってしまうかも。(アメリカ・男性)

・やめた方が良いと思います( ◜д◝ ;)(アメリカ・女性)

──といった具合で、全体的に否定的だ。

・日本人の感じ方

日本人の視点は、「気にしすぎ(アリ)」か「非常識(ナシ)」に加え、「気付かない」という感想もあり、多様なリアクション。「日本では規制されていないのだから別にイイだろう」といった声も目立ち、間違いではない。日本という風土ならではの反応だが、しかし、歴史を知る良識ある大人ならば、「これはちょっと……」と否定的な感想を抱くのも当然だ。あなたはどう感じるだろうか。

執筆:DEBUNEKO
Photo:RocketNews24.

▼これが問題のタンクトップ。
20150819090812_580px
▼しまむら安心価格だ。
20150819090825_580px
▼こりゃナチスだね。
20150819090832_580px
▼あれ……? 左卍じゃない……?
20150819090846_580px
▼まさかの……
20150819091858_580px
▼リバーシブル! 表はナチス、裏は「まんじ」だ‼︎ でも、角度は斜め45度。
20150819091905_580px
▼良からぬ誤解を招かないためにも、卍を表に出しておくのが無難だろう。
20150819090846_580px