史上最強のゴキブリハンターことアシダカグモさんを見かけたら怖がらずに「お疲れ様です!」と挨拶しよう

梅雨本番! ジメジメとした気候は実に不快だが、その一方で「ジメジメめっちゃ最高!」と思うヤツらがいる。……そう、黒光りした音速の特攻アウトロー野郎・ゴキブリである。まもなく奴らの季節がやってくる。というか、実はもう来ている。家庭内の防衛準備はOKだろうか?

さっと置くだけでゴキブリ駆除の効果がある “地雷型” も重要だし、スプレータイプの “攻撃型” も必須であるが、今回ご紹介したいのは “自走型” 、しかも生きている蜘蛛(クモ)である。その名は「アシダカグモ」……、通称・軍曹と呼ばれている史上最強のゴキブリハンターだ。

なぜアシダカグモが古くからネットで「軍曹」と呼ばれているのか。その理由を簡単であるが、以下に箇条書きで記しておきたい。

・ゴキブリの天敵であり、ゴキブリを食べてくれる。
・めっちゃ足が速く、逃げるゴキブリをも捕まえる。
・ゴキブリがいそうな家に、さりげなくやってくる。そして常駐。
・人には無害。しかも臆病。日中はどこかに隠れていることが多い。
・ゴキブリを食い尽くし、任務が完了すると「さよなら」も言わずに姿を消す。

……ほかにもいろいろあるが、ざっとこのような具合である。かっこよすぎる! なんという仕事人。なんという必殺仕事人。いや、必殺仕事蜘蛛とでも言おうか。

アシダカ軍曹の仕事っぷりは、YouTubeにアップされた動画「アシダカグモにゴキブリを2匹与えたら」でも確認できる。そこまでグロテスクではないので是非ともご覧頂きたい。文句なしのヒットマンっぷりに、アシダカ軍曹ファンなら狂喜乱舞するはずだ。

しかしながら、アシダカ軍曹は家庭にいるクモとしてはサイズが大きく、しかも足がメチャクチャ速いとあって、「気持ち悪い」と毛嫌いする人が多いのも事実である。ゴキブリとクモ、どっちを取るかで「ゴキブリ」を選ぶ人もいるくらいだ。

でも、でも……でも! どうかアシダカ軍曹の仕事っぷりをそっと見守っていてほしい。姿はキモくても我慢していただきたい。間違っても気持ち悪いからといって叩き潰したりしないで欲しいと私(記者)は切に思う。なぜならば、彼らは “仕事” をしに家まで来てくれたのだから。いつもお疲れ様です、アシダカ軍曹!

参照元:Youtube UGOKUch
執筆:GO
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

コメントをどうぞ

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り