りんごを大量にいただいた。今年もそんな季節かという思いと共に「どうやって消費すっぺ……」と頭を抱えている。

そう言えばここ数年 “ガトーインビジブル” なるものを、SNS上でたびたび見かける。目にするたびに美味しそうだと思っていたし、ちょうど良い機会だ。ホットケーキミックスとフライパンで適当に作ってみよう。


・具材が目に見えないケーキ

ガトーインビジブルはフランス発の食べ物で、インビジブルは目に見えないもの、ガトーはケーキを意味しているんだって。中の具材が目に見えないほど、生地と一体化していることからそう呼ばれているのだそうだ。

確かにSNS上で見るガトーインビジブルは、どれもこれも断面がさらされている。つまりは、その断面こそがポイントなのだろう。逆に断面さえうまくいけば、それはガトーインビジブルと言って良いのではないかと勝手に思っている。

通常は薄力粉などを使って、オーブンで焼くなどして作っていく。しかし、最近猫を飼い始めた記者はアツアツのオーブンに猫が何かの拍子に飛び乗ることを恐れて、できる限りオーブンを使いたくない。


フライパンで済ませられるならば、それに越したことはない。加えて細かな調味料など使わないで良いよう、あらゆる旨味が詰まったホットケーキミックスとフライパンでチャレンジだ。

コレが正解かと問われれば、なんとも言いがたいところではあるが、お手軽なんちゃってレシピとしてご査収いただきたい。それでは、レッツクッキングー! 


【材料】
りんご:1個
ホットケーキミックス:1袋(150gくらい)
卵:1個
牛乳:130~150mlくらい
砂糖:ひとつまみ(甘い方が好きであれば、多めに入れる)
シナモン:好きなだけ
(あれば)バニラエッセンス:2~3滴

【作り方】

1. りんごをスライサーで薄くカットする。


2. ホットケーキミックスをボウルに入れ、牛乳を少しずつ注ぐ。続いて様子を見ながら溶き卵を加え、生地のベースを作る。


3. 2にシナモンパウダーと(あれば)バニラエッセンスを加える。


4. 3に1のリンゴを少しずつ入れ、ザックリ混ぜる。


5. 熱したフライパンに4を静かに注ぐ。記者は奇麗な円にしたかったので『簡単お好みプレート』を使用。


6. 良い香りがして来たところでひっくり返し、ほど良く火が通ったところで完成。


・奇麗な断面! 

ホットケーキに毛が生えたようなもので、なんの捻(ひね)りもないが、とにかく簡単だ。気になる断面はというと、奇麗に生地と一体化している。これは、胸を張ってガトーインビジブルを名乗っても良い……かもしれない。


気になる味だが、間違いのない美味しさだ。ホットケーキミックスを使っているのだから、マズくなりようがない。粉もの料理が苦手な記者でも、なんなく成功させてくれるホットケーキミックスは神だな! 

リンゴを丸ごと1個使っただけのことはあり、リンゴの香りを存分に楽しむことができる。後味も爽やかだ。そしてシャキっと食感が、良い働きをしていて飽きがこない。


適当に思い付きで作ってみたが、こりゃあ、なかなかイケますわ。ちなみに記者はりんご消費を兼ねて、バターと砂糖で炒めて、シナモンをドバドバかけたものを添えた。さらに美味しさが増したので、この食べ方もオススメだ。

凝りはじめればいくらでも凝れるだろうが、パパっと作りたい時には最適なホットケーキミックス&フライパン製のガトーインビジブル。きょうの3時のおやつを考え中のみなさん、ぜひお試しあれ。

執筆:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼りんごがたくさんあったので、ガトーインビジブルを作ってみた

▼ポイントは特になし! 混ぜて焼けばOK!! 

▼奇麗な断面を見るとテンションが上がるね