はい全国の食いしん坊の皆さん、注目! カップ麺を食べ終わったら「スープ(残った汁)」をほとんど捨てている人が多いと思うのだが、そんなもったいないことするのは今日でおしまいDEATH。

なぜなら、そのスープを使えばめちゃウマい茶碗蒸しが超カンタンに作れるのだ! カップ麺が1度で2度おいしくなるレシピ、今すぐにでも試してみてくれ!

・日清の公式レシピ

そのレシピは、何を隠そう “即席麺の王者” 日清がHPで公表している。作り方は以下の通りだ。

【用意するもの】
・カップヌードル
・卵1個
・湯のみ o rマグカップ(※電子レンジ調理に対応したもの)


1. まずは、カップヌードルを普通に食べます。うまし。

──と、ココでいきなり注意点だ! 具材……特にエビは残しておこう! お察しだろうが、茶碗蒸し用にキープしておくのだ。謎肉もお好みで。


2. 食べ終わったら、残ったスープの中に卵1個をドボン。


3. よくかきまぜる。


4. 湯のみ or マグカップに移す。このとき、茶こしを使えばムラの無い出来上がりになるが、必ずしも必要ではない。


5. ラップをしたら、電子レンジ(200W)で約2分30秒~3分ほど加熱する。


す・る・と──


あらビックリ、茶碗蒸しの完成だ!

食べてみると、ふわふわ・トロトロでウマイ! ちょっと濃いめでコクのあるしょうゆ味の中にチキンやポーク、海老の風味も感じられ……って要するに「カップヌードル味の茶碗蒸し」だわコレ。料亭とか割烹料理屋に出てくる代物とは違うだろうが、イイ意味で「ザ・B級グルメ」ド真ん中って感じの味だ。

どうせスープを捨てるぐらいなら、こういうひと手間をちょっと加えて食べきった方が、余すことなくカップ麺を楽しめるというもの。それに 卵を食べれば良質な栄養もとれるので、インスタント麺を食べた罪悪感も少し薄れるのが良いですな。

ちなみに量が半分ほどの「カップヌードル ミニ」でも試してみたところ、味はそのままに タマゴ感がアップ、舌触りも格段になめらかになったぞ! スープの残り汁が少ない分、卵の割合が増えたのが良かったのだろう。

参考までに、カップヌードルを食べ終わったときの残り汁は標準サイズで約150ml、ミニサイズでは100mlほどだった。もし標準サイズで茶碗蒸しを作る場合、残り汁を3分の1ほど除いてから(つまり100mlぐらいにしてから)作ることをオススメしたい。


 

・色んな味で試してみた

さて、せっかくなので カップヌードルのシーフード味やカレー味、それとチキンラーメン、どん兵衛(それぞれミニサイズ)でも茶碗蒸しを作ってみることにした。

結論からいうと、どん兵衛で作ったモノがもっとも “ホンモノの茶碗蒸し” っぽい味となり、個人的にも1番好き。考えてみれば、うどん・そばのスープは和風のかつおだしベースなので、茶碗蒸しレシピとの親和性が高いのだろう。三つ葉とか乗っければ、食卓に出してもバレなさそう。

一方、チキンラーメンとシーフード味は想像通りの味となり面白味に欠けたので(おいしいことはおいしいのだが)、そこでカレー味には相性が良さそうな「とろけるチーズ」を実験的に投入してみた。するとコレが大正解! 非常にギルティ(罪深い)な味に化けましたね。商品化してもいいんじゃないか、これ。


 

・可能性は無限大

今回は日清の公式レシピということもあり同社製のカップ麺を中心に使用したが、スープさえあれば何にでも応用がききそうだ。なんなら「コンビニおでんの汁」でもいいのでは? 「豆乳スープ」はどうだろう? と、可能性は無限大に広がる。興味をもった読者にも是非いろいろと試してみてほしいが、まずは日清のカップヌードルでどうぞ!

参照元:カップヌードル茶碗蒸し(日清)
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.