本日6月28日は「パフェの日」ということもあり、ここぞとばかりにパフェを食べる人だっていることだろう。そんなニーズに応えるべく、私はオススメできるパフェを探していたところ……結果的に、気になるフルーツサンドを発見した。

それはパフェ屋さんの販売しているフルーツサンドで、見た目からして思わず見とれてしまう。もはや芸術品と言っていいだろう。おまけに味も文句ナシだったから、今回はこちらを取り上げることにしたい。

そのフルーツサンドを販売しているお店は「INITIAL(イニシャル) 表参道」といい、札幌発のシメパフェ専門店。実は過去に本サイトで紹介したことがあるのだが……覚えておられるだろうか? 

覚えていない人およびその店のパフェについて知りたい人は、以前の記事を参照していただくとして、今回は先述のとおりフルーツサンドである。

どんなフルーツサンドなのか? それについて言葉で説明するのが野暮な気もするので、商品名と価格だけを書いていくことにしよう。私が購入した範囲での紹介となり恐縮だが、こんな感じだ。



ミックスフルーツ(税抜800円)



まるごとみかん(税抜800円)



みかんのお花(税抜780円)



宮崎マンゴー(税抜1600円)



キウイのお花(税抜800円)


ご覧の通り、見るからに美しい。きっと購入した人の多くが、インスタにアップしたりするのだろう。

そのように思うと、なんだか「このフルーツサンドの醜い部分を見つけたい」という気持ちになるから不思議だ。なぜだろう? よく分からないままに、私は『まるごとみかん』を手に取って絶対にインスタ映えしないアングルを探してみた。



正面から見たら映えまくるので……



倒してから……



サンドイッチのパンをビリっと引き剥がす。


すると、セメントのようで全く映えない。


なんとなく気持ちいい〜〜〜〜と思った直後……


私は気がついてしまった



表から見えない部分にもフルーツがしっかり入っていることに。他のフルーツサンドも調べたところ、同じように後ろの方もフルーツがギュウギュウ。


つまるところ、このインスタ映えフルーツサンドは見た目が美しいだけでなく、中身的にもスキのない代物だったのである。


なお、フルーツ自体はとても甘い。どこか高級感のある甘さで、庶民派スーパーでこの甘さのフルーツを引き当てるには なかなかの強運が必要ではないかと思う。一方のクリームは甘さ控え目で、全体的なバランスもいい。最高か。


・パフェの日の理由

……というわけで、パフェの日に「フルーツサンド」をご紹介してきたが、中には「パフェの日なんだからパフェのことを教えてくれ」と思っている人だっているかもしれない。当然といえば当然だ。しかし、そもそも「パフェの日」が生まれた事情にパフェが一切関係していないことをご存知だろうか?

日本記念日によると、パフェの日が生まれたのは「完全を意味するパーフェクトゲームがプロ野球史上初めて達成された日(1950年6月28日)にちなんで」らしい。

それで「パフェの日」になるくらいなんだから、パフェの日にフルーツサンドを紹介するくらい全然アリ……ではないだろうか? なによりパフェ屋さんのフルーツサンドなんだし。

・今回紹介した店舗の情報

店名 INITIAL 表参道
住所 東京都渋谷区神宮前6-12-7
営業時間 月〜金曜日13:00~23:30(L.O23:00)、土・日曜日11:00~23:30(L.O23:00)

参考リンク:Instagram @initial_omotesando日本記念日協会
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

▼他にもまだあるぞ。もし店内でこれらのフルーツサンドを食べる場合、同じ価格で飲み物とセットにできるとのこと。