いよいよ緊急事態宣言が解除され、ステイホームの呼びかけも日に日に少なくなっていくであろう今日この頃。だが、まだまだ旅行や遠出を日常化するのは先の話になるだろう。そうすると更に恋しくなるは、ご当地グルメ。

あの日あの時あの場所で食べたあれが、たまらなく恋しい!!  食べたい!! ということで、ケンミンショーにも登場した姫路の名物アーモンドトーストが、姫路に行かなくても家で食べられると聞き、さっそくお取り寄せしてみた!!

お取り寄せした先は、「姫路といえばここ!」というほどに有名な創作西洋菓子 大陸。戦後はじめて姫路にできた一番古い喫茶店で、約70年の歴史があるという老舗。筆者も一度訪れたことがあるが、時が止まったかのようなレトロな店内は、純喫茶好きだけにはとどまらず、多くの人を魅了する情緒ある空間だった。

この老舗喫茶店にオンラインショップがあるという噂を聞きつけ、早速アーモンドトーストを作るための「アーモンドバター」と、隠れた人気商品という「姫路のおでんケーキ」を注文。……すると3日後、とても愛らしいパッケージの商品が届いた!

ジャジャーン! まずはアーモンドトーストを作るためのアーモンドバター。左上には姫路市キャラクターのしろまるひめが描かれているぞ! さっそく待望のアーモンドトーストを作ってみた!!


準備するものはアーモンドバターとトースト1枚のみ。いたってシンプル。


手順1、トーストにたっぷりアーモンドバターを塗る!


手順2、オーブントースターで焼く。以上!!


なんて簡単なんだ……。面倒くさがり屋の私にもってこいである。


あとは、焼きあがるのを待つ。わくわく……。


!!!!!!


焦げた!


 3分過ぎたあたりで、ちょっと目を離したら、その隙に焦げてしまっていた!! なんたる失態……。


ワンモア! ということで、今回は目を離さずに、ベストな焼き加減を逃さないぞ〜っ!!


お、お、お。イイ感じになってきたぞ。ほんのりと食欲をそそる あまーい匂いが漂ってくる。これはアーモンドの香りだ。くーうまそう!!  どうやら焼き跡がつくあたりからのスピードが思った以上に早い。目を離さないのがコツだ。


そして……


で、できた!

これは……。数年前のあの日、姫路の喫茶店で食べたアーモンドトーストだ……。

よし、いただきまーす!!

もぐもぐ…。


んん! うまい!!


カリッと焼かれたトーストを頬張ると、染み込んだバターがジュワーっと口の中に広がる。外はカリっ、中はしっとりの二重奏。そこにアーモンドクランチのサクサクとした食感が見事にマッチし……うう、これは間違いない一品。あの日あの時あの場所で食べたアーモンドトーストだ!!

もぐもぐ、ペロリ……と、あっという間に平らげてしまった。ふむ。これは珈琲と一緒にモーニングはもちろん、おやつタイムにももってこいだ。糖分が頭を活性化し、そして何より幸せな気分を味わえる。家で純喫茶体験ができること間違いなしだ。


お次は隠れた人気商品、姫路おでんケーキ! なんとも可愛いおでんの形を模したケーキ。三角はこんにゃく、丸はたまご、四角はちくわを表しているそうだ。一体どんな味なのだろう。


別添えのホワイトチョコとジンジャー(粉末生姜)でできた特製しょうがパウダーをかけていただく。そもそもおでんにしょうが醤油をつけて食べるのが姫路流なのだそうだ。では、いただきます!


▼もぐもぐ……。


うん、しっとり。上下のケーキは、姫路・夢前町産のミネラル豊富な古代米(「こんにゃく▲」は紫黒米、「ちくわ■」は赤米)の米粉ロール。確かに古代米から歴史の雄大さを感じることができる、気がする。「こんにゃく▲」にはチョコクリーム。「ちくわ■」には姫路・安富町特産の白小豆が入っていて、あんこ好きには嬉しい。

「たまご●」は大陸さんで一番人気のチーズブッセ、あまんどクィーン。ふわっとしたアーモンドブッセの中に、フレッシュバターと塩気のある粉チーズがミックスされている。冷やされたクリームは想像よりも固めで、バターをそのままかじっているような贅沢さを味わえる。

見た目かわいい姫路おでんケーキだが、なかなかボリューム感があり食べ応えあり。ティータイムにも花が咲き、おみやげにも喜ばれそうな一品だ。アーモンドバターとセットでお取り寄せすると、楽しみが倍増すること間違いなし。まだまだ遠出は難しそうなので、是非、お取り寄せして姫路名物を味わってほしい。

参考リンク:創作西洋菓子 大陸
Report:千絵ノムラ
Photo:RocketNews24.

▼アーモンドバターは200g、税込626円。冷蔵庫で約60日、冷凍庫で約6カ月もつという。

▼しろまるひめが作り方を教えてくれているぞ! ちなみに筆者はアルミホイルを敷かなくても、おいしく作ることができた。

▼おうちでまったりモーニング。甘いアーモンドトーストは珈琲にぴったり。

▼ちなみに少し焦がしてしまった1枚目。これはこれで香ばしくておいしい。もしかしたら好みによっては、こちらが好きという人もいるかもしれない。

▼姫路おでんケーキには、しろまるひめではなく犬のキャラが描かれている。しかもこの犬、おでんケーキをもちながらローラースケートを履いている なかなかの強者。ちなみに価格は1本486円(税込)だ!

▼箱を開けると丁寧に梱包され、こだわり書きが同封されている。

▼姫路おでんケーキのおこだわり。

▼特製しょうがパウダーがついているぞ。ここにも犬が……! ファッションセンスが独特!

▼姫路おでんケーキのおこだわり、その2。

▼横から見るとこんなかんじ。それぞれにクリームが入っている。