から揚げは男をアホにする。デカイから揚げがドカーーーーンとあるだけで意味もなく叫び出したくなるのだ。爆発とから揚げは男のロマンである。

この度、そんなロマンを具現化したような弁当を発見したのでご紹介したい。男子注目! その弁当が売られているのは京成関屋駅にある『雑賀屋』……立ち食いそば屋である

・取り乱すレベル

以前の記事でもご紹介したこのそば屋。用事の帰りに通る道だったため、昼ご飯にそばでも食べようと寄ったところ、店の前に謎のテントが設置されていた。コロナ禍でどうやら弁当を売っている様子。近づいて見てみると……

から揚げSUGEEEEEEEE


容器からあふれんばかりの巨大から揚げ弁当が売られているではないか! しかも、価格は、ご、500円だと……? バ……バカな……!! 戦闘力を見るに700~800円くらいでもおかしくないぞ……! このコスパはもはやから揚げ弁当ではない。超から揚げ弁当だ!! ハッ……貴様ひょっとしてカカロットか……?

弁当のあまりの戦闘力に思わずベジータになるほど取り乱してしまったが、この時にはすでに私(中澤)の心は決まっていた。店内に入り券売機の前に立つ。「メガ極上から揚げ弁当(500円)」のボタンを左端に見つけた。今だ! ビッグ・バン・アターーーーーック!!!

興奮のあまり再びベジータになってしまったが食券を購入しただけだ。そう、弁当も食券制なのである。カウンターで食券を渡すと無事メガ極上から揚げ弁当をゲットすることができた。さっそく家に帰って弁当を食おう!

・くそったれーーーーーーッ!

フタを開けると眼前に迫るようなから揚げがドン! ドン! ドォォォオオオンッ!! ひと口ではとても食べられない巨大なから揚げが3つ入った弁当は、シンプルながらも圧倒的な迫力だ。まるでフリーザの第4形態のようである。食べてみたところ……

ふ……ふざけやがって……

View this post on Instagram

本日の昼ご飯

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

なんだこのウマさは!? デカイだけじゃなく肉が柔らかい! 噛むとふわっとした身からジューシーな肉汁があふれ出してきやがるッ!! くそったれーーーーーーッ! オレを溺れさせる気かーーーーーッ!?

鶏がウマすぎて三度ベジータになってしまったが、そう言えばこの店は元焼き鳥屋なんだった。鶏のことはお手の物というわけか。

とても立ち食いそば屋とは思えない戦闘力を持つ『雑賀屋』の弁当。男は安心してアホになろう。ファイナルフラーーーーーッシュ!!!!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.