日々の昼食に迷う人は大勢いると思う。コンビニか? ファストフードか? それとも馴染みの定食屋かファミレス……。もう自分で考えるのは面倒くせえ! 誰か代わりに決めてくれ、「コレ食え」って言われたら、ソレ食うから! そんな優柔不断は、私(佐藤)だけではないはずだ。

そんな昼メシ迷子に朗報だ! 生活雑貨量販店の「無印良品」が店舗限定で、こっそりと日替り弁当の販売を始めているぞ。もう考えるのが面倒くさいという人は、無印に行くべしッ!!

・2019年10月から

無印の弁当に気付いたのは、たまたま新宿店の前を通りがかった時に「日替り弁当はじめました」の貼り紙を目にしたからだ。調べたところ、弁当の販売はもともと「銀座店」と「MUJIcom武蔵野美術大学」のみで行っていた。2019年10月末に取扱い店舗を拡大し、Cafe Meal& MUJI(新宿・日比谷・錦糸町)でも弁当の販売を行うようになったのである。


実際に店舗に行ってみると、カフェの入り口前にショーケースが用意されており、そこで会計をすれば持ち帰ることができる。取り扱っているのは日替り弁当のほかにプリンやチーズケーキなどのスイーツだ。


弁当はその名の通り日替りで、この日は「鯵弁当」。明日は「深川めし」、明後日は「照焼き鶏の釜めし風」といった具合に、毎日内容が変わる。販売価格は1つ税込750円だ。


・無印の良いところ

1つ購入して中身を見ると、意外と華やか。しかも身体に良さそうな内容となっている。


メインは鯵のほぐし身と、鯵の甘酢あんかけ。それらが茶飯の上にのっている。副菜はきんぴらごぼうと大根の葉炒め。それにたまご焼きと飾り切りしたニンジンが色を添えている。


食べてみると、さすが無印。味付けはやさしく、手間がかかっていることを感じさせる。食材と調理法にこだわったCafe & Meal MUJIのコンセプトをそのまま詰め込んだような身体思いのお弁当だ。



日頃外食が多く、高たんぱく高カロリーになりがちな、私のような不摂生おじさんでも、味も量も満足である。むしろ栄養が偏りがちなおじさんこそ、食べるべきかもしれない。


毎日の昼食に頭を悩ませて、誰か昼メシ決めてくれ! そう思っている人は無印に行ってみると良いだろう。残念ながら現在は店舗が限られているので、今後取扱い店舗がさらに拡大することに期待したい。


・今回訪問した店舗の情報

店名 Cafe & Meal MUJI 新宿店
住所 東京都新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリーB1・2F
営業時間 11:00~21:00(2020年3月2日~13日まで12:00~21:00)
定休日 なし(施設に準ずる)

参照元:Cafe & Meal MUJI
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼沖縄県産のサトウキビを使った焼きプリン(税込400円)

▼生地は固め。固いプリン好きにはオススメ

日本、〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目15−15 新宿ピカデリー B1~2F