大人になってもついつい熱くなってしまう、ゲームセンターのクレーンキャッチャー。最近では淡路島の「たまねぎキャッチャー」のように変り種の景品を用意している店も多いが、今回は横浜で発見した面白クレーンキャッチャーを紹介しよう。

その景品は、なんとケーキ。しかも専属パティシエが監修した本格的なヤツなんだってよ! うまく行けば100円でケーキGETも夢じゃない「スイーツクレーンズ」に挑戦してきたよ!!

・ゲーム機のなかにケーキが!

さてさて、美味しいケーキを求めて横浜へとやってきました。みなとみらい地区にある横浜ワールドポーターズの5階に、今回紹介する「スイーツクレーンズ」はあります。

名前の通り、スイーツ(ケーキ)をつかみ取りするクレーンキャッチャー。店頭の説明書きによると、景品のケーキは専属パティシエが監修し、素材にもこだわった逸品なのだとか。随分と気合が入っていますな!

ゲーム機のなかを覗いてみると、まるでショーケースのごとく美味しそうなケーキの数々が鎮座している。思わず「このチョコのやつください!」と言ってしまいそうになるが、これはあくまでクレーンキャッチャー。取らなきゃ食べられないのだ。

プレイ料金は基本的に1回100円(200円の台もあり)。コンビニのスイーツでも300円くらいする時代だし、一発でキャッチすることが出来れば、かなりお得といえそうだ。さっそく遊んでみることにしよう。

・レッツチャレンジ

用意されているケーキの種類は、なかなか豊富。またクレーンキャッチャーの方式(アームの種類)も台によって異なっている。どれからチャレンジするか迷っているだけでも、けっこう楽しかったりするぞ。

まずオーソドックスな両開きアームの台に挑戦してみたが、2回チャレンジして撃沈。直感的に「これは取れない」と思ったので、台を移動して流れを変えることに。

S字状の針金を景品に引っかけるタイプの台をプレイしてみたところ……

なんと……

見事一発でゲットぉぉぉぉ!!!

ゲットしたのは「苺バニラロール」。これ、300円なら多分元は取れているよね。やるときはやるんですよ、私は!

・自然の摂理

ゲームコーナーにはテーブルが用意されており、獲得したケーキはその場で食べることが出来る(もちろん持ち帰りもOK)。

必然的に、すぐ隣でケーキを食べている人を眺めながらプレイすることになるわけだが……。うまくゲットできない人にとっては、これは生唾ものだろう。

筆者は何とかケーキを確保できたものの、同行していた知人はトータル1000円を投入したあげく空振りに終わり、遠い目で宙を眺めていた。

世の中はシビアなもの。そう、志々雄真実が言っていたではないか。この世は弱肉強食、強ければ生き弱ければ死ぬと。悪戦苦闘する人とケーキを堪能する人が同居するスイーツクレーンズは、ちょっぴり世知辛い空間でもあった……。


ちなみに同じ種類のケーキは1グループにつき1個までとなっているが、異なる種類のケーキなら何個取っても構わないとのこと。うまく行けば1000円でケーキ10個なんてのも夢じゃないっ!?

・今回紹介したお店の情報

店名 スイーツクレーンズ ヨコハマ
住所 横浜市中区新港2丁目2-1(横浜ワールドポーターズ5階)
時間 10時30分~22時
休日 横浜ワールドポーターズに準じる

参照元:横浜ワールドポーターズ「スイーツクレーンズ ヨコハマ
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

▼ケーキの種類は豊富

▼1プレイ200円、ケーキ盛り合わせが景品のハイスペック台も!

▼熱くなる