2019年10月1日に登場した『サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>(税抜270円)』。先日の記事で紹介したように、普通のチキンの顏をして後味ビリリッ! 辛さだけでなく香りの良さでも多くの麻辣ファンをうならせている。

そのまま食べてももちろん美味しいのだが、もしあなたが極度の麻辣好きなら是非試してほしいアレンジがある。それは辣子鶏(ラーズジー)化。ちょっとのアレンジでガチ四川料理に変身するのだ!

・辣子鶏(ラーズジー)とは!

辣子鶏とは! 一口サイズの鶏のから揚げと大量の唐辛子が和えられている料理のことだ。肉よりも唐辛子の方が多いのではというビジュアル。そのインパクトから麻婆豆腐の次の次くらいによく知られる四川料理ではないだろうか?

シンプルではあるものの、家で作るとなるとひとつ壁がある。正直なところ鶏肉の処理が手間なのだ。ミニミニサイズの唐揚げを大量に揚げるというのがメンドイ!

しかし、サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>があれば、もう9割は完成したようなもの! さらなる麻辣の世界へ……それでは作ってみよう!!

【材料】1人分

・サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>:2枚
・唐辛子:40g
・花椒:大さじ2
・生姜チューブ:小さじ1 ※みじん切りでもOK
・ニンニク:4かけ
・白ごま:適量

【作り方】

1. 唐辛子の種を出す。これが完了したらもう9割は完成したようなものだ。

2. サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>を1~1.5cm角にカット。ニンニクを薄切りにしておく。

3. 油を引いたフライパンにニンニクと生姜を入れ、香りが立ったら花椒と1の唐辛子を投入。軽く炒める。焦げやすいので決して目を離さないこと!

4. 唐辛子の色が鮮やかになったあたりで、カットしたサクサク骨なしケンタッキーとあえる。白ごまを散らして、皿に盛りつければ完成!

・完全に辣子鶏

さっそく食べてみたところ……んんんんまァァァァーい! これは完全に辣子鶏。サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>がさらに花椒の香りをまとうことで、なんか中国のチョットいいお店の辣子鶏になってしまったのだった。

「マジかよ」とお思いの方もいるかもしれない。本物の辣子鶏の肉が360度衣に覆われているのに対し、揚げたチキンをカットしているため鶏肉が露出している部分がある。心配されるのもごもっともだ。

しかし、没問題(だいじうょぶ)! カットした際にお気づきの人もいるだろう。そもそも、サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>は目に見えてわかるほど肉の中にまで麻辣味が染みわたっているのだ。どこを食べても衣のような麻辣味!


気のせいではない。KFCの広報に問い合わせたところ、やはり肉には麻辣の下味がつけられているとのことである。

唐辛子と花椒を炒るだけで、辣子鶏が食べられるなんて最高じゃない? 唐辛子と花椒は捨てないでね! 刻んでチャーハンに入れたり、花椒だけピックアップして別料理に入れても好好吃喔(おいしいヨ~)!

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24