日本に名だたる人気ファミレスチェーン「ガスト」。読者の皆さんは、今「ガストの席」がアツいことをご存知だろうか。熱した鉄板が敷いてあるとかそういうことではなく、アツいのは座席にまつわる「ある取り組み」である。

それはすなわち、一部店舗における1人専用席の導入だ。まるでネットカフェや自習スペースのような半個室がファミレスで利用できてしまうのである。業界では珍しいこの取り組みは、先日Twitterでも大いに話題となった。さっそく実際に利用してみたのでご覧いただきたい。

・革命的な試み

ファミレスの概念を揺るがす革命に触れるべく、今回はガスト新橋店を訪れた。

ガストを含む「すかいらーくグループ」では、ユーザーのライフスタイルやニーズに合わせ、2018年から戦略的に1人席を増席してきた。1人席にはボックス席とカウンター席の2種類があり、現在は東京・神奈川を中心に、ガスト・ジョナサン・chawanの3ブランド22店舗でボックス席が導入されている。

そのうちガストの導入店舗数は16店舗。グループ内で先導的なポジションにあることがわかる。

中でもここ新橋店は、赤坂見附店に次いで2番目に1人用ボックス席数の多い店舗であり……

店内に入って少し歩けば、ずらずらと1人用ボックス席が並ぶ光景に出会う。その数なんと12席。一帯に漂う圧倒的な「個」のムードにファミレスであることを忘れそうになる。もちろん従来の複数人席も充実しているので、さまざまな需要に応える店舗となっている。

1人席のエリアには、仕切りで区切られたカウンター席も用意されているが……

注目したいのはやはり、前方・後方・左右いずれかの3方向を囲われた、半個室のボックス席だ。1人ではファミレスを利用しづらい方や、作業できるスペースを求めている方に、カウンター席以上の「我が領域」感をもたらしてくれそうに見える。

ただその反面、少し窮屈そうな印象を受けないでもない。実際の使用感はどうなのか。詳しくチェックしていこう。


・隙のない設計

シートに腰を下ろしてみると、座面の広さは十分で、軽く足をのばせる空間も確保されていて、たちまち認識を改めさせられた。見た目よりもくつろげるため、窮屈さは感じない

テーブルの上には、小物を置けるような台が設置されている。店舗によっては設置されていないところもあるようだが、この台があればスペースが広がって便利だ。

また座席前方には、PC作業に欠かせない電源がしっかり備えつけられている。1人席に限らず新橋店全席の仕様だ。すかいらーくグループの他店舗と同様に無料Wi-Fiも使えるので隙はない。

持ってきた荷物は、テーブルの下にある荷物置きに置ける。大きめのリュックであっても乗せられた。

サイドには荷物掛けのフックもある。よりいっそうスペースを広く使えるので、こういった配慮も嬉しい。

そして当然ながら、1人席であってもガストのメニューは利用できる。ここまで来て飲食禁止という悲しいどんでん返しはないのでご安心を。ガストならではの豊富な料理やドリンクバーを作業のおともにできるのは、とてつもなく魅力的だ。


・快適さの理由

というわけで、魅力には抗えず料理とドリンクバーを頼んだ。ついでに作業用のノートPCも取り出し、「我が領域」を展開する。

頼んだ料理はガッツリ系の「オムライスビーフシチューソース(税抜699円)」と、作業中にも片手でつまめる「山盛りポテトフライ(税抜299円)」。

これらに加えてノートPCを置いても、狭苦しいということはない。むしろ広すぎてもアレだしちょうど良いと思う。「窮屈そう」とかほざいていたのは誰か。

運ばれてきたオムライスをスプーンですくい、とろとろの卵の甘さとシチューのコクを味わい……

安定の美味しさを誇るホクホクなポテトをムシャムシャやりつつ、充実のボックス席タイムを楽しむ。そうして過ごしているうちに、いくつかのことに気付かされる。

まず1つは、通常の席とは違って3方向が仕切られている環境が、極めて快適だということ。人目を気にせず作業に集中できるし、料理をバクバク食べようと見とがめられることもない。

2つ目は、想像していたよりもずっと静かだということ。複数人席とはエリアが離れていて、周囲には1人での利用者しかいないため、ファミレスであっても話し声は皆無。音と言えば店内BGMと多少の物音くらいだ。

人目が気にならず静か。ここまでの特徴はネットカフェなどと似ているかもしれないが、ファミレスならではの特徴としては、気軽に入りやすいという点が挙げられるだろう。特有の安心感と明るさがあり、受付も必要ない。老若男女がふらりと気兼ねなく立ち寄れる。

ファミレスが用意する1人席だからこその心地良さが、確かにここにある。利用者からの好評の声が多いそうだが、それも納得だ。

いやぁ、本当に過ごしやすい……作業もはかどるはかどる……。料理は美味しいし、ドリンクバーは便利だし……。

せっかくなので、「海老と山芋オクラのねばとろサラダうどん(税抜699円)」も頼んでしまった。作業そっちのけになってきている気もするが、しょうがない。頼めちゃうんだから。ガッツリ系もサッパリ系も何でもござれなんだから。

欲望のままにうどんをすする。コシのある麺にマヨネーズが絡み、さわやかなダシの風味も効いていて美味しい。ボックス空間のおかげで落ち着くし、心地良すぎる……。利用料なんてかからないからコスパも良いし……。許されるなら2、3日はここで暮らしたい……

とはいえ許されるわけがないので、暮らすのは無理でも絶対にまた利用しようと決意したのであった。


・ファミレスの新たな未来

1人用ボックス席を実際に利用してみた結果、すさまじい「しっくり感」を思い知ることができた。筆者はやや飲食に傾倒してしまったが、作業環境としての十二分の魅力も皆さんにお伝えできたのではなかろうか。本当に何時間でも居座っていられる快適さだった。

すかいらーくグループは、今後もニーズのある店舗で1人用ボックス席の導入を検討していく予定だという。その先に切り開かれるファミレスの新たな未来を、ポテトやドリンク片手に見守っていきたいところだ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ガスト 新橋店
住所 東京都港区新橋3-5-2
営業時間 月~金 6:00~23:30 / 土日祝 6:00~23:30
定休日 無休

参考リンク:ガスト
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.