飛行機に乗る前に何を食べるべきか? 日本から海外へ旅立つ場合、おそらく空港内での食事が「日本国内で食べる最後の食事」となるから、お店選びは慎重にならざるを得ないだろう。帰国するまで使う予定のない「日本円」を大胆に使ってでも100パー美味いものを食べたい。

──ということで、本サイトのライターが「海外旅行に行く前はいつもココに寄る」というレストランを紹介するのが、当企画『俺の最後メシ』である。初回の「羽田空港編」につづいて、第2弾は私(砂子間)が成田空港から出国する際の “最後めし” を紹介しよう。

・俺の最後メシ

さっそくだが、今回ご紹介するお店は、第1ターミナル中央ビル4階にある「gihey(八代目儀兵衛)」。選んだ理由はズバリ……最強のお米が食べられるから! 究極の銀シャリここにあり! と断言できる美味しさだから、渡航前の “最後めし” 第1候補になるのだ。

同店のお米は “五ツ星お米マイスター” である店主が、全国の産地を確認し、選別に選別を重ねた「究極のブレンド米」。繰り返しになるが「しばらく日本食ともお別れかァ~」なんてタイミングだから “最高のお米” こそが、私が思うベストアンサーなのである。

さらに補足をすると、同店のお米は「FIRST CLASS RICE(ファーストクラス・ライス)」と呼ばれている。というのも、大手航空会社のファーストクラスに厳選米を提供した実績があるから名付けられたらしい。ファーストクラスの米……つまり、日本最高峰の米ということだろう。

・ご飯おかわり自由

私が注文したのは「大山地鶏の唐揚げ 銀シャリ御膳(1680円)」だ。ちなみに、ご飯おかわり自由である! 繰り返す。ひと粒ひと粒の存在感が抜群で食感はしっかり、かむとフワ~ッと甘みが広がる「究極のブレンド米」が……おかわり自由なのである

そして、おかわりのタイミングが良ければ、おこげにありつけることも。こちら塩を振って食べるのがオススメで、本気で米で米が食べられるほどの美味しさだから、ぜひ味わってみてほしい。

とにかく主役はお米、おかずはその時の気分で選べばOKだろう。今回、私は、個人的に最もご飯をモリモリ食べられる「唐揚げ」をチョイスしたが、「牛すき焼き」や「天ぷら」なんかも捨てがたかった。ああ~、次回は何を食べようかな~。

・帰国直後にもオススメ

出国前の “最後めし” としてはもちろんだが、帰国直後の “最初めし” としてもオススメできる「gihey」。時間帯によっては混雑している場合もあるから、時間に余裕をもって行くことをオススメする。おかわりに夢中になってフライト時刻を過ぎないように注意してくれよな!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 gihey
住所 千葉県成田市三里塚字御料1-1 成田国際空港第一旅客ターミナルビル 中央ビル新館4階 NC416
時間 8:00~20:00
休日 無休 ※ビルの定休日に準じて変更あり

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → 「俺の最後メシ

▼こちらが「大山地鶏の唐揚げ 銀シャリ御膳(1680円)」

▼「究極のブレンド米」は驚きと感動が凝縮された味

▼おこげが最高に美味しい

▼塩を振って食べるのがオススメだ