今のところ、私の中での「バイク通勤用グローブ選手権」において圧倒的1位なのが、ユニクロの「防風ヒートテック手袋」である。防水ではないので「雨の日以外なら」という条件が付くが、それを差し引いても素晴らしい商品だ。

そんななか……! 上記の商品と非常によく似たグローブを、100円ショップのダイソーで見つけたので即ゲット。「100均の商品がユニクロに かなうわけないだろ!」と思いの皆さん、ご安心下さい。なんとこの商品、価格は……



500円……!!


たっけー! 最近のダイソー、いやに高い商品が多い気がするよ〜! と愚痴りたくもなるが、逆に考えれば「本気」である証であろう。つまるところ、「ユニクロに匹敵するかも」というロマンも感じる500円なのだ。なにせ……


3M……!!


さらに詳しく言うと「3Mシンサレート高機能中綿素材」というらしい。実は私、「3M」が何なのか知らなかったのだが、100円グッズではない、もっとちゃんとした “あったか系” のグッズで、3Mのマークはよく見かける。ちなみに……

「3M™ シンサレート™ 高機能中綿素材は、寒い季節に、より快適に過ごせる素材として開発されました。微細な繊維構造により優れた断熱性を実現。「暖かくて、厚くない」を可能にする技術です。」(3M公式サイトより

──とのこと。なるほど。つまるところ、断熱性に優れていて、「暖かくて、厚くない」のが3Mであるようだ。なるほどなるほど、これは期待が高まるぞ!

んで、ダイソーの手袋の正式名称は「3Mシンサレート手袋 2重構造」。ユニクロのよりも、少しモコモコしていて厚めな印象だが、

実際にハメてみると……

やっぱりモコモコしてる〜!!

なんなら総合格闘技のグローブになれるんじゃ? ってくらいにモコってる〜!!

また、装着した感触も、非常に言いにくいのだが「厚いな……」と思ったのが正直なところ。当然、ポカポカして掌(てのひら)は「暑い」のだが、それと同時に「厚い」のだ。よって、手をグーパーしても……

なんか重い……。


ともあれ、いつものようにバイクにまたがり……

会社まで行ってみたのだが……


結論は、往路だけで出た。


・よいところ

まず暖かさだが、これは合格。非常に暖かいし、「防風」とは謳(うた)ってないものの、ほとんど風を感じることなくバイクでブルルーンと運転できた。なんなら「防風」と言っても良いのでは? なんて思えるほどだ。

しかし、スポッと手を入れた瞬間からポカポカが始まるユニクロの「防風ヒートテック手袋」とは違い、手を入れた直後は、そこまで暖かさは感じない。徐々に暖かくなってくる……みたいな。つまるところ、普通なのだ。


・ダメなところ

致命的なのは、やはり「厚い」という点である。イメージとしては、ひと昔前のスキー(あるいはスノボ)用のグローブというか、とにかく厚すぎてウインカー操作やブレーキ操作が、非常にやりにくいと感じたのであった。

これは私の勝手な推測だが、せっかく「暖かくて、厚くない」の「3Mシンサレート」を使っているのに、あえて「2重構造」にしたから、こんなに「ぼくドラえもんです」みたいなグローブになってしまったのではないだろうか? 


いずれにしてもこの商品、バイカーにはオススメできない。雪遊び等なら良いだろうが、このグローブに500円の価値があるかどうかと問われたら、私は心を鬼にして「ない」と答えたい。高いから良い商品とは限らないのである。喝。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証」、「真冬のバイク通勤検証

▼これまでの100均検証リンク集はこちら