マル・マル・モリ・モリ、みんな食べるよ♪ ドラマ『マルモのおきて』が大流行したのは、今から約7年前のことである。主演を務めた芦田愛菜さんは当時7歳。最近、ソフトバンクのCMに出ている姿を見て「こんなに大きくなったの!?」と驚いた人は少なくないだろう。

時の流れが早いのはさておき、現在アメリカで7歳の少女が話題になっている。サッカーの試合で国歌斉唱を任されたのだが、とにかく歌唱力が子どもとは思えないくらいヤバいのだ。やはりこの世に天才はいるらしい。

・小さな歌姫に世界がビックリ

話題の少女が大人顔負けの歌を披露したのは、2018年9月23日に行われたロサンゼルス・ギャラクシー vs シアトル・サウンダーズFCの試合前のことだった。彼女の名前はマレア・エマちゃん。日本だと小学校1年か2年生の年齢ながら、歌手・モデルとしても活躍しているそうな。

で、世界が驚いているのは堂々たる歌唱シーンだ。その様子は、動画「7-year-old Malea Emma absolutely crushes the National Anthem before LA Galaxy vs. Seattle Sounders」で確認できるが、まずは可愛らしい姿が映し出される。

そして彼女がアメリカ国歌を歌い始めたら……おぉぉ、これはディーバ(歌姫)……!! とても子どもとは思えないパワフルな歌声で、一瞬にして観客を自分の世界に引き込んでしまう。また、どこまでも伸びていくような高音、大観衆の前で堂々と歌える度胸も素晴らしい。

・ホームチームが勝利

詳しくは動画で歌声を聴いてほしいが、終わる頃には鳥肌立ちまくりの自分がいるはずだ。ロサンゼルス・ギャラクシーの公式Twitterにアップされた動画は、リツイート&いいねされまくりで200万回の再生数を突破している。

なお、試合はエマちゃんの歌声がホームスタジアムに響き渡ったロサンゼルス・ギャラクシーが3−0で勝利。また、先日の試合で美しすぎるシュートを決めた元スウェーデン代表のイブラヒモビッチ選手はキャリア501ゴール目を挙げている。

参照元:YouTube、Twitter @LAGalaxy、Instagram @maleaemma
執筆:原田たかし

▼うますぎ……!!

▼拡散されまくり再生されまくり

▼イブラ様とツーショットを撮るエマちゃん

▼イブラヒモビッチ選手のゴール