社会現象アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』。その物語をリビルドした新劇場版シリーズも大ヒットを記録している。前作『Q』が公開されてから6年、ついに新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開時期が判明したためお伝えしたい

・ついに公開時期を発表

最新作にして最終作である『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は長らくタイトルのみの公開にとどまっていた。1年前、そんな『シン・エヴァ』のプロジェクトに動きがあったことは以前の記事でお伝えした通り。

ファン的には「ちゃんと動いている」と分かっただけで嬉しかったのだが、2018年7月20日、ついに公開時期が発表された。その事実が判明したのは、本日から公開されている映画『未来のミライ』でのこと。なんと、本編上映前の予告で『シン・エヴァ』が流れたのである

・白昼夢のような特報

本編前の予告の長さに若干イライラしていた私(中澤)。ぼーっと見ていると、突然、切り替わる画面のリズムが変わった。モノクロの画面が「パッ!」「パッ!」と切り替わっていく。そして表示される「株式会社カラー(シン・エヴァの制作会社)」の文字。『シン・エヴァ』の予告キター!

マリがピンクのエヴァで赤い海の上を舞いながらライフルを乱射している。そして、5秒~10秒ほどで終了する予告。何今の? 夢? 突然始まり一瞬で終わったため、思わず白昼夢を見たような気分になった。だが、夢ではない。その時表示されていた公開日は……


──2020年


2年後!! ついに2007年から始まった壮大な新劇場版シリーズが完結する。新しいエヴァは一体どんな結末を迎えるのか? 震えて待つ!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.