春、晴れ渡る空。5月はもうすぐそこだ。この時期の飯田橋近辺はとても気持ちいい。川の上を駆け抜ける風が爽やかに頬をなでれば、そばが食べたくなった。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。ちょうど、飯田橋と九段下の間に、5月の空のようなそば屋があるため向かうことにした。

・平日4時間のみ開店

その店の名は『むさしの』。入り口こそひっそりとして慎ましいが、開業以来50年、化学調味料不使用のこだわり出汁を貫く歴史ある立ち食いそば屋である。なんでも、利尻昆布と宗田かつおでとった出汁を使っているらしい。

ちなみに、開店時間は平日10時から14時の4時間のみ。にもかかわらず、昼時はこの店めがけて人が集まってきているので大したものだ。

・なぜ5月の空か?

ところで、なぜこの店が5月の空か。それは中に入ると分かる。なんと、店内には台湾のロックバンド『五月天(Mayday)』の歌詞が貼られているのだ。聞けば、店主さんがファンなのだとか

そんな音楽好きの店主にメニューを注文すると値段が告げられる。この店の注文方法で変わっているのが、値段を告げられた後、その値段分のチケットを券売機で購入するというところ。フードフェスなどによくあるシステムだ。今回は、あじ天そば(税込430円)を購入。

・濃厚な出汁の風味

これはこの店で一番高いそばの1つで、かき揚げそばは税込400円、月見そばは税込330円とメニューはどれも高コスパ。しかし、価格以上に味が良い

特に特筆すべきはやはりつゆ。ひと口飲めば濃厚な出汁の旨みが口に「ぶわ~!」と広がる。そのつゆで食べる細めそばや、つゆが染み切ったあじ天がまたウマイ……! まさにいぶし銀。ちなみに、天ぷらはつゆを吸ってふっくらするふわふわ系である。

・ゆず一味が鍵

さらには、テーブルに備え付けの調味料「ゆず一味」がまたニクイ。このゆず一味の香りが上品なつゆによく合うのである。後半、ひと振りするだけで風味が一変。食欲がどんどん刺激され飽きずに食べることができる。まさに5月の空のような爽やかさだ

平日昼4時間のみ開店しているこの店。なんだか白昼夢のような隠れ家的雰囲気がある。飯田橋から九段下近辺でお昼ご飯を食べる時はぜひ立ち寄ってみてくれ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 むさしの
住所 東京都千代田区飯田橋2-1-7
営業時間 10:00~14:00(月~金)
定休日 土、日、祝日

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼券売機はメニュー名が書かれていない

▼あじ天そば(税込430円)

View this post on Instagram

つゆがウマイと噂の店

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on


▼春菊天そば(税込400円)