店によって様々な営業時間。以前の記事で、営業時間は13時までだが、11時には閉店している立ち食いそば屋『そば政』をレポートした。そのフリーダムさから「幻の立ち食いそば屋」とご紹介したが、また1つ、入店ハードルが高いそば屋を発見したためお伝えしたい。

営業日時は月曜日から木曜日の10時30分から15時のみ! 勤め人にはなかなかハードルが高いが、ここのそばが仕事をサボっても食べたくなるほど絶品なのである

・入店ハードル高

そのそば屋の名前は『ねぎどん』。場所は台東区千束で、最寄り駅はつくばエクスプレスの浅草駅と東京メトロ日比谷線入谷駅などだが、どれも近くはない。駅と駅の間にあるという感じだ。

前述の通り、営業時間は平日昼間の4時間半のみで勤め人にはなかなか入店ハードルが高い。しかしながら私(中澤)は立ち食いそば評論家なので、出社を諦めて平日昼間に行ってみた

・立ち食いそば屋にしては高めだが……

色あせた緑の看板が特徴のこの店。店内は、カウンター10席、窓際の席3席と外観のイメージより広々としている。券売機を見てみると、「かけそば」が税込420円、「かき揚げ天そば」が税込550円と立ち食いそば屋としては少し高めの設定な気もするが味はどうなのか? 「ねぎ肉そば(税込650円)」を注文してみた。

出てきたのは、細めの麺に豚肉とネギがふんだんに乗ったそば。立ち上る爽やかな香り。色の濃いつゆに染まるネギがウマそうである。いただきます!

豚肉とネギを一度に口に放り込むと、じんわりとにじみ出すつゆ。マズイわけがない。我慢できず、丼から直でつゆを飲んでみたところ……

コク深い旨みが口いっぱいに広がった。醤油強めだが決して単調ではなく奥行があって飲めば飲むほどもっと味わいたくなる。そんなコク深さに豚肉の旨味がにじみ出したつゆは舌に染み入るようだ。ウマイ!

さらに、細めのそばにはよくつゆの味が染みている。噛めば噛むほどにそばの風味とつゆの味が一体になっていくようだ。肉の旨味とつゆの深み、そばの風味が混じり合うその味は至高のひと言。値段も納得のクオリティーの高さである。しかし何よりも……


仕事サボって食うそばウメェェェエエエ!!!


このちょっとした罪悪感と解放感のスパイスはここでしか食べられない味と言えるのではないだろうか。気分って最高のスパイスだよね! というわけで、この店が気になる方は仕事をサボって行ってみよう。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ねぎどん
住所 東京都台東区千束1-17-9
営業時間 月~木10:30~15:00
定休日 金、土、日、祝

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ち食いそば放浪記

▼仕事サボって食うそばウメェェェエエエ!