元レスラーのザ・ロックことドウェイン・ジョンソンは俳優へ華麗なる転身を遂げ、カーアクション映画『ワイルド・スピード』をはじめとする大ヒット作品に出演し、ハリウッドで大活躍中だ。

ところが彼が出演した作品が、最低映画を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)のある部門に輝いてしまったのである。不名誉な賞ながらも、ロック様は正々堂々と批判を受け止めユーモアを交えたメッセージを発信し、その潔さが超素敵なのである!

・ロック様の出演作がラジー賞のある部門を受賞!

ラジー賞は、エンタメ作品を評価する米サイト『Rotten Tomatoes』と提携して選出され、ロック様は出演作『ベイウォッチ』で「So Rotten You Loved It:特別ロッテン・トマト賞」を受賞。本作は、1980年代に放送スタートした人気テレビドラマ『ベイウォッチ』の映画版で、ビーチで働くライフガードの活躍を描く作品である。

ちなみに、ラジー賞の中でも最も不名誉な部門といえる “最低映画賞” に輝いたのは、以前にロケットニュースでも紹介したことがあるアニメ映画『絵文字の国のジーン』であった。

・SNSで受賞についてメッセージを発信!

そして、不名誉ながらもラジー賞を受賞した作品『ベイウォッチ』に主演した彼は、Twitterでメッセージ動画を投稿。人気俳優ならあまり触れたくない話題だろうが、彼は次のようなコメントを発信したのだ。

「最低映画に贈られるラジー賞を、『ベイウォッチ』で受賞しちゃったよ。でも最悪な映画のおかげで、一味違う賞が設立されたんだからクールだろ。 “So Rotten You Loved It:腐りすぎてて病みつきになる” って最高じゃないか!

我々は誠心誠意で映画に取り組んだけど、思うような結果が出なかった。だが、謹んで賞を受け取るよ。批評家とファンに感謝したい」

と、笑顔で語ったのである。自虐しながらも謙虚さを漂わせ、爽やかにユーモアも込めてコメントするロック様からは本物のスターの「余裕」が感じられる。さすがはロック様! 正々堂々とユーモアたっぷりで超素敵~!

・最低映画主演の次に最高映画の主演

ちなみに、『ベイウォッチ』の次に彼が主演した『ジュマンジ ウエルカム・トゥ・ジャングル』は、昨年2017年12月20日に全米公開後、公開3週目でスター・ウォーズを抜き3週連続No.1、全世界55カ国でNo.1、全世界興収960億円超えを果たすなど、『ワイルド・スピード』シリーズを超えてロック様史上No.1のヒット作となっている。

全世界でジュマンジ旋風が吹き荒れるなか、公開を残すのは日本のみ……だったが、ついに2018年4月6日(金)日本公開! すでにハンパない成績を残している映画だけに、おそらくきっと名誉ある映画賞を受賞することだろう。今から公開が楽しみだ〜!

参照元:Twitter @TheRockジュマンジ ウエルカム・トゥ・ジャングル
執筆:Nekolas

▼ラジー賞を受賞したロック様のコメント動画はこちら

▼こちらがロック様史上No.1のヒット作『ジュマンジ ウエルカム・トゥ・ジャングル』だ!