あと1週間でクリスマス。本番は12月24日、25日のはずだが、街のうかれっぷりを見るに、すでにクリスマスは始まっているようなものだ。毎年、1週間くらいクリスマスやってるけどさあ……あんたらキリスト教ですか? 募金したことありますか!? シブヤ・シティーの貴様らに伝えたい。俺のこのKIMOCHI!

独り身はついつい荒んでしまう時期である。マジでなんかねえのかよ、独り身でも楽しいクリスマスの過ごし方。というわけで、くら寿司マスターに聞いてみることにした

・暇そうな寿司マスターに聞いてみた

相談に乗ってくれたのは、自称くら寿司マスターの30代会社員男性・鮮魚久良々(せんぎょくらら)さん。10年以上、なおかつ週1回以上のペースでくら寿司に通う「くら寿司マニア」である。

我ながら、くら寿司マスターがそんなこと知ってるはずがないとは思うのだが、鮮魚久良々さんもまた独り身。ぶっちゃけ、この時期は暇なはず。もうこの人でいいや

鮮魚久良々「心外ですね。もちろん、ありますよ。楽しいクリスマスの過ごし方」

──えっ!? あるんですか?

鮮魚久良々「聞いといてその反応はおかしいでしょ。とりあえず、くら寿司に行きましょう。話はそれからだ」

・くら寿司パーティーや!

颯爽とくら寿司池袋東口店に入っていく鮮魚さん。そして、席に着くなり注文したのは……

「フライドチキン(200円)」と「メガ盛りポテトフライ(250円)」! こんなメニューあったのか!!

鮮魚久良々「2017年12月15日から(25日まで)販売されてます。クリスマスと言えば、チキンとポテトでしょ」

──もはや全く寿司屋ではないことは置いておいて、確かにクリスマスっぽさは出ている。味は全くもって普通だが、フライドチキン、ポテト、寿司の並びはなかなかお目にかかれるものではない。パーティーや! 冠婚葬祭やーーーー!!

・くら寿司池袋東口店の裏ワザ

鮮魚久良々「喜んでもらえて私も嬉しいです。ちなみに、池袋のくら寿司は常にディズニーランドくらい混んでいますが、ここだけの話、カウンター1名なら順番を飛ばして待たずに入れる場合が多いです。むしろ1人で良かったですよ。気兼ねなくクリスマスを楽しめます」

──どうやら、池袋店に来たのには理由があったようだ。オッサン2人でもパーティー気分を味わえるくら寿司でのクリスマス。思ったよりもテンションが上がったのは事実だ。ああ1人で良かったなあ! こんちくしょー!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼超盛られてるフライドポテト


▼寿司の合間にもちょうど良い


▼ああ独り身でよかった

冠婚葬祭レベルのパーティー感である

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on