寿司と言えば生魚。だが、最近の回転寿司は生魚以外も充実している。天ぷらの寿司とか結構普通だし、カフェラテとか寿司以外のメニューの充実度も半端じゃない

これらは美味しいのだろうか? そこでスシローで、回転寿司マニアに「生魚以外のオススメメニュー4選」を聞いてみた。

・リクエストがキッカケ

なぜ私がこれを聞こうと思ったかと言うと、ロケットニュース24の問い合わせフォームに寄せられたリクエストがキッカケだった。

自分は、生の魚が食べれません。唯一食べれるのは、いくらくらいです。
(中略)色んな情報から『今の回転寿司は、寿司を食わずとも満足できるのかもしれない』と思っています。休日のお昼にでも、日を分けて回転寿司巡りをしたいのですが、回転寿司の色々なランキングは『生魚、刺身が好き』が強いのでは? と思いまして。

編集部に生魚が嫌いな方がいたら『生魚食べれない奴が、満足できる回転寿司を検証(後々、総合ランキング)』みたいにご紹介頂けたら嬉しいです。生魚苦手でもお店を利用しやすくなる方法はあるのか、自分が行く時に参考にしたいなぁと思ってリクエストに入れました(以下略)」

──私の知る限り、編集部で生魚が嫌いな人はいないのだが、「生魚が嫌いでも回転寿司を楽しめるか?」というテーマは今までなかったものだ。そこでまずは、スシローでのオススメを回転寿司マニアに聞いてみたわけである。

・生魚NGでお願いします

話を伺ったのは、30年以上前に回転寿司の魅力に憑りつかれて以来、回転寿司に通うことを生きがいとする会社員・鮮魚久良々(せんぎょくらら)さん。回転寿司を愛し回転寿司に愛された鮮魚さんいわく、「実は今一番の推しネタは生魚ではない」という答え。マジっすか!? そのネタとは


鮮魚久良々「これまで同様、店舗によって販売されていなかったりするかもしれませんが、それでも良ければオススメさせていただきます」


──よろしくお願いします!

・オススメその1

鮮魚久良々「では。もちろん、私は生魚が好きなのでスシローに行ったらまず生魚をチェックしているんですが、それとは別に、近頃行く度に注文せずにいられないネタがありまして。それがマナガツオ天ぷら握りなんです」

鮮魚久良々「天ぷらがボリューミーなだけではなく、衣がサクッと中はふわっとしており、塩で食べるとキュッと締まってウマイんですよね。150円(都市型店舗では170円)という価格のバランスも良く、ついつい注文してしまいます」


──確かに、塩とよく合いますね。サクッとした衣に天ぷらの良さが出ています。食べごたえがあるのに、価格が150円なのも良いですね。


鮮魚久良々「やはり、寿司と言えば生魚なのか、天ぷら系はネタが大きくても安めであることが多いですね。海老天やカニカマ天も大きい割に安いですし。それでいて、スシローの天ぷらは衣が軽く仕上がっておりウマイのでオススメです」


──ところで、生魚以外と言えば、麺類もありますよね? サイドメニューの麺類は回転寿司にとってもはや外せない地位にあるかと思うんですが、こちらはいかがでしょうか。

・オススメその2

鮮魚久良々「スシローの麺類は個人的には、寿司の箸休めな味付けがされていると思います。まあ、330円であることを考慮するとコスパは良いんですが、寿司の合間に食べるのがウマイ的なポジションとして見てますね」


──なるほど。


鮮魚久良々「しかしながら、ローストビーフまぜそばは単品で勝負できる味です。底にたまった濃いスープと半熟卵、そしてローストビーフの強い素材の味が絡まり合い、これだけ食べて帰っても満足できるレベル。380円(都市型店舗は400円)と少し高めですが後悔しない味と言えるでしょう。後味がスッキリめなのも良いですね」


──私も先日食べましたが、確かに2杯目いきそうになりました。


鮮魚久良々「2021年4月21日から5月9日まで開催中のキャンペーン『肉祭』のラインナップなので、無くなっちゃうかもですが……逆に今行く意味としては重要なメニューかもしれませんね」


──サイドメニューと言えば、ポテトや唐揚げなどの揚げ物系もありますね。

・オススメその3

鮮魚久良々「揚げ物系は正直、どれを食べても美味しいですね。ポテトやかぼちゃの天ぷらは100円(都市型店舗は120円)で十分量もありますし。しかしながら、私の絶対のオススメは280円(都市型店舗は300円)のたこのから揚げです」


──鶏のから揚げもあるのに、あえてのタコですか。


鮮魚久良々「鶏のから揚げは価格を考えるとまあ普通かなと。でも、たこのから揚げは、こんなにおいしいのを初めて食べました。レモンを振りかけるだけでこんなにウマイか……。これも来店の度に注文してしまう一品ですので、騙されたと思って食べてみてください」

──食べてみると、カリッとした衣にしみ込んだレモンの味と、ゆでだこの歯ごたえや風味がベストマッチしている。さすが寿司屋。タコのポテンシャルを最大限に引き出している気がした。

・オススメその4

鮮魚久良々「で、最後に『たまごの端』で締めれば完璧ですね」

──とのこと。たまごの端がレーンだけに登場するスシロー裏メニューであることは以前の記事でお伝えした通り。普通の卵よりも分厚く食べごたえと旨みがギュッと詰まった味は、まさにスシローならではの締めである。

寿司だけではなく、多種のメニューが展開されている最近の回転寿司。色んなものをちょっとずつ食べられるのも新しい魅力と言えるだろう。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.