日本でも人気が高いアメリカのアニメキャラクター「ポパイ」は、ほうれん草をモリモリ食べてパワーの源にしていることで有名だ。そしてポパイといえば、丸太のように太い前腕が特徴である。

アンバランスな巨大な腕はアニメの中の世界……と思いきや、ロシアに似たような腕の持ち主が実在。リアル・ポパイのような「腕周りが60センチもある」青年がヤヴァいと話題になっている。

・リアル・ポパイのようなロシア人青年

英ニュースサイト『METRO』によると、リアル・ポパイのようだとネットで騒がれているのは、21歳のキリル・テレシンさんというロシア人青年。信じられないことに、彼の上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)の周囲は、24インチ(約60センチ)にもなるというから驚きだ。

アンバランスなほど巨大な腕は、見ていて怖くなってしまうほどで完全にポパイそのもの。ちなみに上腕二頭筋とは、腕を曲げて力を入れた時に盛り上がる筋肉のことである。

・運動でムキムキになった訳ではないらしい

キリルさんの Instagram を見ると、上腕二頭筋以外は特にムキムキという訳ではなく、どちらかというと細マッチョな印象……。それもそのはず、彼はエクササイズでポパイのような腕を手に入れたのではないらしい。

ではどうやったのかというと、答えはずばりニセ筋肉注射である。注入すると筋肉が肥大するシンソール(シントール)という合成油脂を腕に注入しているのだとか。

美容整形やボディビルで使用されるシンソール。その使用は違法ではないが、注入し続けていると腎不全のリスクが生じたり、危険な副作用が起こることもあるという。

・たった10日間で25センチも上腕二頭筋が増大!

実際、キリルさんはシンソールを注入後に発熱して体温が40度まで上昇。今年の夏にシンソールの注入を始めた彼の上腕二頭筋は、たった10日間で10インチ(約25センチ)も大きくなったとのことだ。

かなり危険なシンソールの使い方をしているように見えるが、本人は使用をやめるつもりはなく、いつかボディビルの記録を破りたいと思っているそう。ムキムキな腕や体に憧れる気持ちは分からなくもないが、やはり薬物に頼るのではなく、エクササイズで少しずつ筋肉をつけるのが一番ではないだろうか。

参照元:Instagram @s_1_a_c_k_3_rMETRO(英語)
執筆:Nekolas

▼約60センチもあるという上腕二頭筋

▼アンバランスなほど巨大な腕がちょっと怖い……