2017年夏、人類の歴史を揺るがすような世紀の戦いが繰り広げられた。世界を驚かせた日本の巨大ロボ「クラタス」と、アメリカのMegaBotsが製造した巨大ロボの対戦である。

その様子が、10月18日11時(日本時間)に動画配信サービス「Twitch」で放送された。漫画やアニメで描かれてきた世界観が、実現したのである! はたして勝負の結果はどうなったのか!?

・2年の準備期間を経て

この戦いは、2年前にMegaBotsがクラタスの製造元である水道橋重工に挑戦状を叩きつけたことから始まった。当時MegaBotsは「マーク2(アイアングローリー)」と呼ばれる機体を完成させており、この2年でさらに進化させた「マーク3(プライムイーグル)」を作り上げていたのである。

・対決は2回行われた

対決のルールはいたってシンプルだ。相手のロボットをノックアウトするか、ロボットが稼働不能となるか、もしくは搭乗者が降参するか、とにかく打ち負かすことができれば勝ちである。

この戦いで、どちらが世界最強のロボットメーカーかが決まるだろう。クラタスとマーク3の一騎打ち! 勝負は1回……と思ったら、実は2回対決が行われたのだ。

・マーク2を一撃で

初戦はMegaBotsのマーク2対クラタス。対戦開始の合図がなると、クラタスは巨大な左腕を上げ、マーク2に突進! 進行を妨げるために放たれたマーク2のキャノン砲をモノともせずに、強烈なパンチをお見舞いして、マーク2を一撃で倒した!! クラタスすげーーーッ!! さすが日本の開発技術だ。

・マーク3との対決は!?

そして迎えたマーク3との対決。この機体はマーク2よりも一回り大きく、なおかつ重量が倍ある。再びクラタスのメガトンパンチで一撃で倒すのか!? 結果はYouTubeに公開された公式動画「THE GIANT ROBOT DUEL」で確認して欲しい。

それにしても、素晴らしい対決。勝敗抜きにして両者に拍手を送りたい! さらに進化したロボットで再び対決して欲しい!

参照元:YouTube
執筆:佐藤英典

▼世紀の対決! まるでSF映画を見ているようだ