気づけば10月。めっきり秋めいてきた今日この頃。秋と言えば、そばが旬である。こんな季節は、そばの味がダイレクトに感じられるざるそばでもツルッと食べたいもんですなあ!

だけど、ざるそばってスッキリしすぎていて満足度に欠ける気がしないでもない。自分、育ち盛りなもんで……。パンチがあるもの食べたいです! 安西先生!! そんなあなたには『蕎麦たかね』をオススメしますよ。ホッホッホ。

・激戦区で満員のそば屋

昼時、東京メトロ東西線の茅場町駅近くにある店を訪れると、店内は人でごった返していた。行列とまではいかないまでも、入れ替わり立ち替わりやってくる客が空いている席を埋める。

東京都心でも主要なオフィス街である茅場町は、ランチ・グルメの激戦区だ。そんな中にあって、サラリーマンでいっぱいの『蕎麦たかね』……滾(たぎ)る

・人気は「天ざるそば」

メニューを見ると、「天ざるそば(600円)」が人気とのことなので注文。カウンターの脇には卵、ねぎ、大根おろし、わかめ、天かすなどの無料トッピングが設置されている。温泉卵と生卵が選べるのが地味に嬉しい。と、そんなことを考えているうちにカウンターにそばが置かれた。

・かき揚げ天がお化けサイズ

太め平打ちの麺は、ひと目で分かるほどの存在感。しかし、その麺以上に目が引き寄せられるのが、別皿で出てきたお化けみたいなサイズのかき揚げ天である。デッケ――――――!

かぶりつくとサクッとした衣。玉ねぎ、ゲソ、ニンジン、えび、インゲンなど具も豊富で、単品で食べても満足できるレベルのかき揚げだ。その味に引っ張られるように、そばを食べてみたところ……

フワッと広がるそばの風味。そして、口の中に残るかき揚げの味がそばに集約されていく。しかも、太めの麺はのど越し爽やかで、濃厚な甘辛さのあるつゆと絡ませると次から次へと欲しくなる。なんじゃこりゃあ! 激ウマ!!

・満足度200パーセント

最初は、かき揚げの派手さに目を奪われた私(中澤)だが、食べ終わる頃にはすっかりそばに心を奪われていた。かき揚げとそばで満足度200パーセントのこのそば屋。もはや立ち食いそばと言うには惜しいレベルである。茅場町に寄った際はぜひ食べてみてくれよな。

・今回紹介した店舗の情報

店名 蕎麦たかね
住所 東京都中央区日本橋茅場町1−6−16
営業時間 月~金10:30~15:00、17:00~22:00 / 土10:30~14:00
定休日 日・祝

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼かき揚げとそば……2つも同時にだ……谷沢

▼そば湯+つゆもウマイぞ……谷沢