小売店やレストランなど、集客で成り立っているビジネスは年中無休で営業しているところも多く、連休などはまさに稼ぎ時。どんな理由であれ、長期にわたり閉店したら、客足が遠のいて命取りになりかねない。

にもかかわらず、ある米レストランが毎年2週間にわたり閉店しているというのだ。ただ、その理由が素晴らしい。感動したネット民の間で、「今度食べに行きたい!」と大評判になっているほどなのである!

・あるレストランが毎年2週間にわたり閉店することに

米ニュースサイト『boredpanda』によると、毎年2週間にわたり閉店している飲食店は、米カリフォルニア州ベーカーズフィールドのタイ料理レストラン「Chef’s Choice Noodle Bar:シェフズ・チョイス・ヌードル・バー」だ。

同店の Facebook ページを見ると、バーでお洒落なカクテルも飲めるレストランは、カジュアルダイニングというよりは少し高級志向なお店のようである。

・その理由が素晴らしすぎて感動!


では一体、なぜ毎年2週間もレストランを閉店することに決めたのだろうか!? その理由を綴った「お知らせ」が、レストランのドアに貼られているので、内容を以下に紹介しよう。

「現在、閉店中。10月4日11時より開店。タイ出身の料理長が家族に会えるよう、毎年休暇をとっています。シェフズ・チョイス・ヌードル・バーで働くまで、彼は15年も家族に会っていませんでした。家族と一緒に過ごし、充電してもらいたいという思いから、毎秋2週間にわたり閉店することにしたのです」

と、なんとも心温まるようなことが書かれていたのである! 店が閉まっていると知らずに足を運んだ客でも、こんな貼り紙を見たら怒りだすどころか、従業員を大切にするレストランに好感を抱くことだろう。

・ネット民が「今度食べに行きたい!」と大評判に

そんなシェフズ・チョイス・ヌードル・バーの噂は、ネットで次々に拡散され、「ぜひ今度食べに行きたい!」といったコメントが続々と寄せられているとのこと。すでに同店で食事をしたことがある人は、「料理も美味しいし、雰囲気も最高」だとオススメしていて、一気に評判がアップしたようである。

こんな寛大な対応をされたら、料理長もますます「もっと美味しい料理を作ろう!」とモチベーションがアップして、仕事に精を出せるのではないだろうか。

参照元:Facebook @Chef’s Choice Noodle BARboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

▼毎年2週間にわたり閉店している理由が書かれた貼り紙はこちら