様々な想いや期待を胸に抱いて、日本を訪れる外国人。彼らは日本にいる間、一体どんなことを感じているのだろうか? その問いに分かりやすく答える動画が話題になっている。

イギリスのロンドンに拠点を置くアニメーション監督のジェームス・カランさんは、2017年4月に、東京に30日間滞在した。彼は自分の身に起こったことからインスピレーションを受けて、東京での一日一日をGIFで表現したのだが、それが非常に面白いのだ!

ゴジラに始まり、桜、UFOキャッチャー、草間彌生、猫カフェと日本の様々なものを可愛いアニメーションで描き、そしてそれを絶妙なリズムで編集しているから、何度も観てしまう中毒性のある作品に仕上がっている。

これを見たネットユーザーからは「最高のリズムだ!」「天才的なアイデア!」「すごくいいね。これを見た途端に、東京に再びいるような気持ちになったよ」といった声が上がっており、高い評価を得ている。

外国人視点で見た大都市・東京。普段なかなか気づかない東京の魅力を知ることができ、我々日本人にとっても非常にタメになる作品である。

参照元:Vimeo, Instagram
執筆:田代大一朗

▼レインボーブリッジからマリオカートを思いつくその想像力に脱帽!

View this post on Instagram

🌈

A post shared by James Curran (@slimjimstudios) on

View this post on Instagram

Tokyo Gifathon Day 27 Rainbow Bridge. #TokyoGifathon

A post shared by James Curran (@slimjimstudios) on