‟才色兼備” という言葉があるが、なかなか現実には存在しないものである。容姿はイケてるけどオツムが弱かったり、頭はキレるけどルックスがね~……なんていう場合が常である。

ところが世の中には、‟天は二物を与えず” のことわざを思いっ切り裏切ってしまう人が! そんな、約65万人がフォローする超イケメン獣医が、SNSで大人気となっているというので紹介したいと思う。ネット女子から黄色い声が、続々と挙がっているようだぞ~!!

・超イケメン獣医がSNSで大人気!

SNSで大人気となっている超イケメン獣医は、米カリフォルニア州の動物病院に勤務するエヴァン・オースティンさんだ。長身でダークヘア、お腹が6つに割れたムキムキバディに、真っ白な歯が印象的で、そのままモデルとして、キャットウォークを歩けそうなほど容姿端麗な男性である。

しかし、動物をこよなく愛する彼は獣医の道を志し、見事に獣医師免許を取得したインテリなのだ。

・動物愛満載のSNSの投稿が素敵~!!

They call me the Mexican Beaded Lizard matchmaker 💘 Jk, these lil monsters have been living together and breeding for a long time and very comfortable around one another. That being said, I generally recommend precaution before co-habitating reptiles together, even the same species. Cage aggression can lead to high stress and fatal injuries. For many reptiles it's not an issue but recommended for experienced reptile hobbyists. And check out my @wearfigs – super comfy scrubs that look good too 😷🤘🏼🚶🏻😎 #exotics #reptile #vet #wildvet #wearfigs #veterinary #vetmed #vetlife #lizardsdontkissever #dontkissareptile #defdontkissabeadedlizard #reptileherpesisforeveryo #nottruebutsalmonellaisreal!

A post shared by Evan Antin 🐊🐣🐒🐱🐺🐢🐖🐍🐅🐿🐇 (@dr.evanantin) on

エヴァンさんのInstagramには、彼のペットである2匹のニャンコとワンちゃん1匹も頻繁に登場し、彼の動物愛の強さがうかがえる。

それだけでなく、世界各地を訪れて動物との触れ合いを大切にしている彼は、フィリピンの動物病院でオオトカゲを抱っこしている画像や、旅先で猿を肩に乗せた写真なども投稿。とにかく彼のSNSを見ると、どれだけ動物を愛しているかが、よ~く伝わってくるのだ。

・ネット女子の黄色い声が止まらない!

そんな、動物とたわむれるイケメンをネット女子が放っておく訳がなく、彼のInstagramのフォロワーは65万人を超えるほどの人気に! では、エヴァンさんに夢中なネット女子の声を、いくつか紹介することにしよう。

「私は動物じゃないけど、彼に診てもらいたい!」
「すごく素敵なパパになりそう」
「動物に優しい男性は、女性にも優しいはず!」
「彼と一緒に働きたい」
「独身だって言って~! そうじゃなかったら、どうか兄弟がいますように!!」
「世界一カッコいい獣医じゃないかしら!?」

と、黄色い声が止まらないようである。

そこそこ知名度のあるイケメンハリウッド俳優でも、Instagramのフォロワーが65万人もいないことを考えると、やはり、‟動物&イケメン” のカップリングは最強のようだ。

参照元:Instagram @dr.evanantinPeople(英語)
執筆:Nekolas