IMG_3908

その本を近所のコンビニで発見したとき……時が止まった。大げさではなく、それくらいの衝撃を受けた。まさか、ペヤング専門レシピ『ペヤング本』なんてものがこの世に存在するとは……! 

自己主張のクセがスゴい見た目に胸騒ぎを覚えたが、プロペヤンガーとしては見過ごせない。とりあえず購入し内容を見てみると……中身もクセがスゴい

・「ジーウォーク」が出版

ペヤング本を出版しているのは「ジーウォーク」という出版社である。本のタイトル通り、全てペヤングにまつわるレシピ160種類が網羅された、まさにオンリーワンの1冊で価格は税込み900円であった。

IMG_3910

レシピは大きく3つのジャンルに分かれており、「ちょいのせレシピ」「アレンジレシピ」「ソースレシピ」がある。本格的な料理をしない人でも、気軽に楽しめるレシピが掲載されているのはペヤンガー向きかもしれない。

・レシピのジャンルは3種類

「ちょいのせ」には当サイトでもご紹介した、にんにくチューブパクチーなどもあったから、どうやらペヤングを愛する人間の思考は同じようだ。それ以外にも「みたらし団子」や「ツブ貝」などもあったから、やはりクセがスゴい

IMG_3912

だがそれ以上にクセがスゴいのが「アレンジレシピ」だ。当サイトでもご紹介したペヤング鍋を始め、ペヤング餃子、トムヤムクンペヤング、さらにはペヤング冷やし中華という、妙にソワソワしてしまうラインナップとなっている。

IMG_3913

・とにかくクセがスゴい

ペヤングソースを使用した「ソースレシピ」は、ソースチャーハンやキャベツの卵とじなどで、もはやペヤングの影はない。だが「普通にソースでやれよ」という意見は厳禁だ。おそらくペヤングソースにしか出せない絶妙な味わいがあるのだ……たぶん。いずれにせよ、クセがスゴい。

IMG_3916

とにもかくにも、この本の構想を思いつき、実際に出版までこぎつけたペヤング愛には敬意を表す次第だ。かなり刺激的なレシピばかりだから、ペヤング好きな人はぜひチェックしてみよう。マジでクセがスゴいぞ。

参考リンク:株式会社ジーウォーク「ペヤング本」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼ペヤング冷やし中華とか……クセがスゴい。
IMG_3918

▼発見した瞬間、時が止まったぞ。

マジか。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on