kinmeikan3

今から20年くらい前は、郊外のゲームセンターでラーメンやそば、うどんの自動販売機をよく見かけたものだ。近年は郊外型ゲームセンターが少なくなり、これら麺類の自販機を見かけることも少なくなってしまった。きっと私(佐藤)のように、若き日に暇を持て余して、ゲーセンでうどんを食った人も多いはず。

最近山口県を訪れたところ、岩国市の外れに、あの懐かしい麺類自販機を発見した! これは食うしかない!! ということで早速食ってみたところ、懐かしさが蘇り、胸がアツくなったぞ!

・岩国市の自販機コーナー

私が訪ねたのは、岩国市の欽明館にある自販機コーナーだ。道路沿いにあるので、アクセスしやすい。トイレも併設しているので、トイレ休憩に立ち寄るドライバーも多いようだ。

kinmeikan2

自販機の品ぞろえは結構豊富で、ドリンクはもちろん、稼働していない古いモノまで置いてある。見るだけで心和むのは、やっぱり懐かしいからだろう。

kinmeikan1

・ラーメン、そば、うどん

ラーメンの自販機には、ラーメン(350円)と天ぷらそば(300円)。

kinmeikan4

そしてうどんの自販機には、天ぷらうどん(300円)と肉うどん(350円)がある。

kinmeikan5

どれにしようか。よく考えたらこの日は、朝が早すぎたために、まともに食事をしていなかった。どんな味でもウマいと感じるのかもしれない。

kinmeikan6

・タイマーがおかしい。でもそれでイイ!

よし、決めた! 肉うどんを食うぞ。オレンジ色に光るタイマーが懐かしいなあ~。350円を投入してボタンをポチッ! すると、20秒からカウントダウンが始まった!

と思ったら、タイマーは9秒にワープ。そして一旦ゼロになったかと思ったら、また4秒からカウントダウン。なんだよ、コレ? まあいいや、とにかくうどんが出来た!

kinmeikan7

・肉がない?

あれ? 肉うどんじゃないの? 肉が入っていないみたいだけど。おかしいな、まあ自販機だからイイ。許す! と思って箸で麺をつまむと……。

kinmeikan8

肉いた! 麺の下にいた。どうやら、肉を先に器に投入して、その上から麺を入れる仕組みらしい。

kinmeikan9

味は、出汁がちょっと甘いかな~。麺も肉もちょっとゴワっとした感じだけど、イイ。それでイイ! 自販機だから許す! こうして出会えただけで嬉しいから。同行していたYoshioは、天ぷらそばに挑戦。

kinmeikan10

・天ぷらもそばの下敷きに

天ぷらそばも、天ぷらがそばの下敷きになっていた。そういう仕組みで作られているから仕方がない。

kinmeikan11

同じ出汁なのだが、うどんよりそばの方が、味がしっくり来ていた。コレを寒い冬の深夜に食ったりすると、ウマいんだよな~。

kinmeikan12

若き日の青春が蘇る、欽明館名物の自販機コーナー。末永く続きますように。また来るよ!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼動画で紹介。欽明館の自販機コーナー

▼ちなみにとても古いUCCの自販機は、お金を入れても使えなかった。残念
kinmeikan13

▼仲良くしてネ
kinmeikan3