一説では、加工食品最古の歴史を持つとされるチーズ。その発祥は定かではないが、少なくとも紀元前5500年にはチーズ作りが始まっていたという。そういう意味では、人類がもっとも長い間 製造し続けてきた食品、それがチーズだ。

第26回目の『グルメライター格付けチェック』は、そのチーズでライター達の味覚をチェックした。果たしてライター達は高いチーズを見分けられたのだろうか? 以下でご覧いただきたい。

・高い方を当てる

まずは簡単にルール説明をしよう。ライター達が見分けるのは、あくまで「高い / 安い」であり「ウマい / まずい」ではない。目隠しした状態で1度だけ試食し、高い方を当てるというシンプルなルールである。週に1度だけ憂鬱になる企画、それが『グルメライター格付けチェック』だ。

今回用意した高級食材は、伊勢丹で購入したヴィレッジオーク ヴィンテージ チェダー ナチュラルチーズで、価格は250グラム入りで税込2301円である。イギリス産のチーズは18カ月間も熟成させた深みが特徴で、チーズ本来の美味しさが味わえる逸品だという。

対するはスーパーで購入した明治十勝6Pチーズで、こちらは100グラム入りで税込258円となっている。重量差を考慮すると約4倍の価格差があることになるが、果たしてライター達はチーズの違いを見分けることが出来たのだろうか?

スペシャルゲストを迎えた今回の企画。迷いに迷ったライター達が導き出した答えは以下の通りである!

・P.K.サンジュン(通算成績21勝4敗)の答え:B

「難しい、これは過去最高レベルに難しい。味の方向性はほぼ一緒。違うのは口どけだけ。Aは崩れるとき口の中で不規則に、Bは一定のスピードで溶けていく。なめらかな口どけは完全にB。ただ、なめらかだから高いとは限らない。不規則な方がナチュラルで高い感じもする……。うーん、ただAは一瞬プロセスチーズっぽさがあったんだよなぁ。そこのみでBにしましょう」

・中澤星児(通算成績20勝5敗)の答え:A

「難しいなぁ。Aの方がクセが強くて個人的には好きです。味とかはほぼ一緒だけど、Aはコンビニのスマートチーズっぽい。Bはスマートチーズっぽさがない柔らかいチーズ。難しい……けどクセが強くて好きな味のAにします。これは難しい」

・あひるねこ(通算成績7勝3敗)の答え:A

「これは難しいな。食感は全然違う。味は本当に似た系統。口どけはAがザラついた感じ、Bはねっとりした感じがした。正直、Bはよくわからない食感。いやー、わからない。うーん、Aかなぁ? Aの方が香りが強かった感じがする。そこを信じてAにします」

・和才雄一郎(通算成績15勝9敗)の答え:A

「これは難しいですね。味自体はあまり変わらないけど、風味はAの方がやや口に残る感じがして、Bはややアッサリしていた。チーズといえばお酒のつまみ、芳醇なウマさが特徴。口の中に余韻が長く残ったのはA。というわけで高い方はAだと思います」

・原田たかし(通算成績3勝2敗)の答え:B

「はい、Bでお願いします。口に入って来たとき、Aは口の中にゴワゴワ残ったまま、Bの方がスッと消えていく感じがした。口どけがいいのは完全にB。味もBの方がしつこくなく高級な感じがした。ちょっとAは若干リーズナブルさがあった。というわけでBです」

・佐藤英典(通算成績14勝11敗)の答え:A

「全く違う、全く違うけどどちらが高いのかサッパリわからない。Aは香りが豊かでコクもあるチーズらしいチーズ。Bは硬さがなく、スルスルと口の中で溶けてしまった。これをどう捉えるか? わからないけど……Aじゃないかなぁ? Bは意図的に作った口どけのような気がした。というわけでAかな」

・Yoshio(通算成績10勝9敗)の答え:A

「正解はAでお願いします。美味しいと思ったのはAで、素材の牛乳自体もAの方がいいものを使っている感じがした。Bは一般的なウマさというか、加工をしている感じがした。ちょっと食べやすすぎる。というわけで、Aでしょう」

・GO羽鳥(通算成績13勝12敗)の答え:A

「もう、これはAでしょう。……アレ? ウソ? ええ? わからない……! 口どけが違うんだけど、Bの方がサラサラ消えちゃった。味もAの方が複雑で品を感じた。Bはチーズのパウダーを固めた感じ? というわけでAでしょう」

・ジミー大西(初参戦)の答え:A

「Aは2500円の味してるわ~。こっちが高いわ~。Bとは歯応えが違うな……Bは柔らかくて高級そうな感じがするけど、実はコンビニでも買えそうな味。Aは百貨店のチーズ売り場の味がしました。自信を持ってAです」

今回の参加者は9名。整理すると、答えはAが7名、Bが2名ということになった。伊勢丹の店員さんに明治十勝6Pチーズを食べてもらい「似た味を下さい」とお願いしただけあってかなりの難問だったが、果たして正解はAなのかBなのか!

どちらがお高いチーズなのでしょうか!!!!!!!!!!

AとBどっちだーーーーー!!!!!!!!!!!!!

正解は……!!!!!!!!!!!!

A!!!!!!!!!! Aがイギリス産の超高級チーズ!!!!!!!!!!!! ぎゃぁぁぁぁあああああ! 怪しいと思ったんだけど今回は難しかった!! 味の系統はほぼ同じなので、チーズの知識がないとかなり厳しい!! い、いい勉強になったぜ……(涙目)。

というわけで、今回は7名が正解という結果となった。ゲストとして参加してくれたジミー大西さんは、自ら「犬並みの嗅覚」と言っていたが、まさにそれを証明する結果となった。お見事である。上位争いも下位争い激しいグルメライター格付けチェックは、近日開催予定だ。

Report:P.K.サンジュン
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ! →「グルメライター格付けチェック

▼ジミーさんも参加した、正解発表の瞬間はこちら。

▼正解で1勝0敗、正解率100%のジミー大西。「Aは2500円の味がするわ~!」

▼不正解で21勝5敗、正解率80.7%のP.K.サンジュン。「難しい。味の方向性が同じすぎる」

▼正解で21勝5敗、正解率80.7%の中澤星児。「難しいけどクセが強くて好きな味はA」

▼正解で8勝3敗、正解率72.7%のあひるねこ。「Aの方が香りが強かった気がする」

▼正解で16勝9敗、正解率64%の和才雄一郎。「余韻が長かったのはA」

▼正解で15勝11敗、正解率57.6%の佐藤英典。「Bの口どけは意図的なものを感じた」

▼正解で11勝9敗、正解率55%のYoshio。「Bは加工してる感じがした」

▼正解で14勝12敗、正解率53.8%のGO羽鳥。「Aの方が複雑な味だった」

▼不正解で3勝3敗、正解率50%の原田たかし。「Bの方が高級感があった」

▼ジミーさんはズバリ正解だった!

▼なお、ジミーさんは「写真撮って下さい」と声をかけられても、2~3人なら応えてくれるらしいぞ。修学旅行などはNGだそうだ。

ジミーちゃんと! 格付けに参加してもらったよ‼︎ #ミーハーサンジュン

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on