本日2017年4月2日。この日、日本で最もインターナショナルな雰囲気あふれる場所は、神奈川県・川崎市の若宮八幡宮周辺であったと思う。そう言えるほど、多くの外国人観光客であふれていた。

彼らの目的は何か? それは……かなまら祭りだ! 男根みこしが街中を練り歩き、エリア一体が男根グッズであふれる様子を見に来ていたのである。というか、私もガッツリ参加していたので、そのときの様子を動画や画像で紹介しよう。ちなみに、今年は昨年よりも壮観さがアップしていたぞ!

・上下左右にムーブしていた男根みこし

まず最初に、なぜ今年は昨年よりも壮観さがアップしていたのかを説明したい。その原因はズバリ! 男根みこしの中で一番大きなピンク色のみこし、通称『エリザベスみこし』の違いにある。実は昨年、『エリザベスみこし』は台座に乗せられて街中を回っていたのだ。

しかし、今年のエリザベスみこしは人に担がれていたのである。そのため、ピンクの巨大な男根が上下左右にムービング! ムービング! ムービング!! ……これを壮観な光景と言わずに何と言おう。

ちなみに、私の回りにいた外国人観光客の口からは、「OH〜ビッグ・ディ●ク!」と感嘆の声が漏れていたぞ。

・天気にも恵まれた

そしてもう1つ昨年と違った点を挙げれば、昨年は曇天だったが今年は快晴に恵まれたということだろうか。先日、当サイトでは、「天気予報的に雨が降りそうだから、今年の男根みこしは濡れる」と予想していたが、その予想は外れてしまった。

だがそれは「幸い」と言うべきだろう! 開き直るようだが、「幸い」だ。なにせ、お祭りの日に雨が降らないに越したことはないのだから。

・例年通り大盛況

そして、その2点以外は基本的に昨年と同じ。先述のエリザベスみこしのほか、黒光りする鉄製の『かなまら舟みこし』、木製の『かなまら大みこし』と三体の男根みこしがお披露目されるのも同じ。周囲が男根グッズであふれるのも同じだ。つまり、例年通り盛り上がっていたのである。

なお、その様子の画像や上下左右にムービングする動画は、次のページに掲載している。「今年こそ行こうとおもってたのに忘れてた!」とか、「上下左右にムーブする男根みこしを見たかった!」という人は、そちらを確認してお祭りの雰囲気を少しでも味わってくれよな!

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.