dancep15

私(佐藤)は今年、ダイエットに成功した。人生最重量の70キロに到達した時点から、テキトーダイエットを実行に移し、約7カ月で7キロ減。現在(2016年12月14日)63キロである。

しかし、ただテキトーに痩せているだけなので、体型は整っていない。デブのしぼんだだけ。これではいかん! 筋トレしないと!! ということで、思い切って、ポールダンスを始めることにした。これが、普段ほとんど運動しないオッサンには超過酷。続けていけるのだろうか……。

dancep4

・初代ポールダンス世界チャンピンの教室

私がポールダンスのレッスンを受けることにしたのは、東京・千駄ヶ谷のポールダンススタジオ「LUXURICA」だ。ここの教室は、初代ポールダンス世界チャンピオンのREIKOさんが運営している。生徒さんは約700人! そんなにダンス人口がいるとは思わなかったぞ!! 生徒のほとんどが女性で、男性はあまりいないという。

dancep5

・男性は紹介がないと入れない

私は、ここのスタッフのChieさんにお誘い頂き、レッスンを受けることになった。ちなみに男性は、会員登録している生徒さんの紹介がないと入れない。私は特別に受講させて頂くこととなった。

まずは形からっつうことで、私はタンクトップと格闘技用のショートパンツを購入。ポールダンスは、肌にポールを密着させて身体を固定するので、丈のある半ズボンではレッスンしにくいそうだ。ショートパンツを着ただけで、華麗に踊れる気がしてきた! ドゥ・ザ・ハッスル!!

dancep3

・準備のストレッチからヤバい

準備万端でレッスンにチャレンジ。この日、指導をしてくれたのは、「MISS POLE DANCE JAPAN 2016」準優勝のMOMO先生。私のようなオッサンがご指導を賜るのは、本当におそれ多いことだ……。オッサン、がんばります!

dancep2

この日私が挑戦したのは、レッスンの「初級」。知識も経験もないなかで、一体何をやればいいのか、わからない。本当に大丈夫か、俺? 最初の15分はストレッチと軽い筋トレ。身体をほぐす準備運動なのだが……。ここからもう、すでにヤバイ! 

だって、先生いきなり股割りとかするじゃないか! 「はい、息を吐いて~、手を前にぴったりとつけます」とかいうけど、身体カチカチで股割りから前屈なんて無理! これはもう、少しずつ身体を柔らかくしていくしかない。

・まずはスピン

一通りストレッチが終わったら、ポールでストレッチ。そして、これまたいきなり「スピン」に挑戦することに。スピンとは、ポールを軸にして身体を回すこと。最初は、「ベーシックスピン」。身体を手で支えつつ、前方方向にクルリと回る。

dancep6

自分の姿を鏡で見ると、超ブサイクだ。木で戯れるサルのようじゃないか。身体が固いから、こんなブサイクになってしまう……。続いては、先ほどと反対方向に回る「バックスピン」。背中から回るのだが、平衡感覚が怪しくて目が回る……。

dancep7

・「ポールに座る」が痛い!

これまたサル。ええい! もうサルになることを気にしてても仕方ない。サルはサルなりでがんばるぞ! そしてここから難易度急上昇! 「ポールに座る」。足を組んでポールをロックして両手を離し、全体重を内腿(うちもも)だけで支える。これが超キツイ!

dancep8

皮膚の弱い内腿が、ポールと摩擦を起こして痛い! 自分の体重がこれほどまでに重いとは……。イテーーー! ひたすらイテーーーーッ!! 自分の力ではどうにもならずに、先生に支えてもらう始末。情けない……。

dancep9

・逆立ちはイケる

さらにレッスンは厳しいものへ。この段階ですでにポールを握る手の力が衰え始めている。ポールを握り続けるのが、こんなに大変だとは。それなのに、次は「ポールで逆立ち」。片足を勢いよく振り上げて、その反動で逆立ちになって、足と手で身体を支える。ちょうど逆上がりの要領で、逆立ちをするのだ。

dancep10

お! 意外とコレは出来る。カッコは悪いけど、ポールに座るよりマシ。身体も少し楽かも。

dancep11

・全身筋肉痛確実

そして最後に、腕と体幹で身体を支える「フラッグ」。ポールを脇に挟み、足を床から離して身体を支える。今度は脇に負荷がかかり、脇がイテーーーッ!! 脇も股も痛い、手も痛い、何なら足も痛い! 全部痛い。痛いけど、がんばる!

普段身体を動かさないオッサンが、ポールダンスに挑戦するのは無謀だったかもしれない。しかし、1時間のレッスンの間に、少しずつできることが増えるのは面白いし、うれしいことだった。何か達成感がある。終わってから、身体を見てみると……。

dancep13

dancep14

・細マッチョになってやるーーッ!

脇と股に青アザが……。これはもう慣れるしかないだろう。そして、私はポールダンスで細マッチョになってやる! 華麗に舞える男になってやるぞ!! 楽しみに待っていろーーーッ!

取材協力:ポールダンススタジオ「LUXURICA(ラグジュリカ)」(※男性は紹介制)
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼レッスンの動画。もう必死!

ポールで逆立ち! #ポールダンス佐藤

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on