img_5159

言葉は常に変化していく。ある意味で移ろいやすく、その時代その時代ごとに新しい言葉は生み出されていく。言葉を変化させていくのは若者が多く、特に女子高生は「新しい言葉を生み出す名人」と言ってもいいだろう。

2016年11月30日、フジテレビ系列「めざましテレビ」内で『女子高生流行語大賞2016』が発表された。渋谷・原宿で女子高生386人を対象にアンケートした結果だというが、結果を見て驚くこと無かれ。たぶん女子高生以外は、マジでサッパリわからないぞ。

・驚愕のランキング

まずはTOP10から発表してしまおう。以下が『女子高生流行語大賞2016』である!

第1位: 卍(まんじ)
第2位: よき
第3位: ○○まる
第4位: アモーレ
第5位: はげる
第6位: マ!?
第7位: BFF
第8位: ゲロ○○
第9位: スノる
第10位: ○○み

──いかがだろうか? あなたはいくつの意味がわかっただろうか? ぶっちゃけ記者は「アモーレ」しかわからなかった。しかも、ここまで来ると「アモーレ」すら自分が思うアモーレと同じか不安になってくる……。

それでは、答え合わせをしよう。めざましテレビによると、それぞれの言葉の意味は次のようになっているぞ。それでは10位から……カウントダウン!

第10位: ○○み

「しんどみ・うれしみ・つらみ・やばみ・きもみ……などと使う。語尾に身を付けると雰囲気が可愛く、柔らかくなる」

第9位: スノる

「大流行した顔認識アプリ “SNOW” で写真を撮ること」

第8位: ゲロ○○

「超・マジ・ガチ・鬼・神・メチャメチャ……などと同じ、凄いことを表す形容詞。吐きそうなくらい凄いこと」

第7位: BFF

「“Best Friend Forever” の頭文字から。いつまでも友達だよ、という意味」

第6位: マ!?

「“マジ?” の意味。ママママママママ……と連呼するのもあり」

第5位: はげる

「毛が抜けそうなほど嬉しい、という意味。あの人がカッコ良すぎてはげる、などと使う」

第4位: アモーレ

「本来は “愛しい人” という意味のイタリア語だが、女子高生は親友に使う。お前マジアモーレ、などと使うのが正解」

第3位: ○○まる

「おけまる、大好きまる、ラブまる……などと使う。まるは句点の “。” を意味しており、“OK。” ではなく “おけまる” となる。柔らかい印象で可愛さを増す効果がある」

第2位: よき

「いいね、という意味。あの人マジかっこよき、マジよきよき、などと使う。古典の授業から派生し、テンポよく2回重ねて使うのが主流」

第1位: 卍(まんじ)

「写真を撮るポーズの掛け声、ヤンチャな人に対し “あの人卍だよね” と使う、テンションが上がったときの叫び声……と3種類の使い方がある」

解説を見てもわからないことの方が多いが、過去には「ジワる」や「それな」などが1位に輝いているから、来年の今頃は「卍」があたり前になっている……かもしれない。とにもかくにも上記が『女子高生流行語大賞2016』である。現場からは以上です!

参照元:めざましテレビ
執筆:P.K.サンジュン