現在、日本発のある動画が世界に衝撃を与えている。その動画のタイトルはズバリ、『フカシギの数え方』!

これは日本科学未来館が公開したもので、組み合わせの数え方について、アニメを通して解説するという内容になっている。一見、なんの変哲もない普通の教育ビデオのように感じるが、これが予想だにもしない驚愕の展開を見せるのだ。

なにがどう急展開するのは、ぜひみなさんの目で確認して頂きたいが、正直展開が衝撃的過ぎて、笑いさえこみ上げてくる人もいるだろう。現に日本のネットユーザーだけではなく、海外のネットユーザーもこのビデオに大きな衝撃を受けており、動画のコメント欄には次のような声が続々と寄せられている。

【日本ネットユーザーからのコメント】
「泣いた。お姉さんありがとう」
「クソワロタww」
「ちょいちょい謎の感動が襲ってくる…」
「『8512だってよ!』から加速してゆく謎の狂気」
「ワッショイwwww」
「思ってたより壮大なビデオコンテンツだった」
「おねさぁぁぁぁん!!!!」
「『兆ってなに〜?』『さあ次は!』教えてあげてよ!wwwww」
「シュールすぎるっwwww」
「ともあれアルゴリズムの便利さはよーくわかった」
「なんか…深いな…」

【海外ネットユーザーからのコメント】
「泣きそうになった。これはいいビデオだ!」(マレーシア)
「死ぬほど気が落ち込むビデオだった」(アメリカ)
「ハハ、計算複雑性に関する素晴らしいレッスンだ」(フランス)
「こんなの予想にもしていなかった」(イギリス)
「これは笑える(笑)」(香港)
「エンディングが悲しすぎる……お姉さんに教えてあげられていたら……彼女は優しすぎた」(不明)
「(↑のコメントに対して)もし彼女がアルゴリズムのクラスをとっていたら……」(アメリカ)
「なぜ私はこれを見ているんだ!?」(オランダ)
「私はお姉さんをずっと忘れない……」(アメリカ)
「なんてフレンドリーなビデオなんだ」(カナダ)
「めちゃくちゃ怖い」(アメリカ)
「これは一体なにって? これが “日本” なんだよ」(シンガポール)
※( )内は、コメント投稿者の居住国

世界もビックリの日本発の数え方動画。英語字幕がきちんと付けられているところを見ると、世界を視野に入れて、このビデオが作られたことが分かる。これからはこういった形で、世界の視線を日本に集めることが主流になっていくのかもしれない。もしくはすでになっているのかも?

(文=田代大一朗

参照元:YouTube/MiraikanChannel

▼こちらがその動画