冬と言えばコタツ、コタツと言えばミカン! ミカンの美味しい季節になりました! 毎年、ミカンをダンボール買いし一冬かけて消費している方もいらっしゃるだろう。ミカンはまさに美味しい冬の風物詩なのである。

だが、ミカンの魅力は美味しいだけではなかった。日本の漢方の元となった中国の中医学的に見て、ミカンというのは健康や美容にめちゃめちゃイイらしいのだ。

【ミカンを食べるべき理由・その1】 ビタミンCとクエン酸で美容と疲労回復

ミカンはビタミンCとクエン酸が豊富。ビタミンCはご存知のとおり美白など美容効果や風邪の予防に、クエン酸には疲労回復効果があるそうだ。

【ミカンを食べるべき理由・その2】 便秘解消 コレステロール低下

ミカンの薄皮には食物繊維とペクチンが豊富に含まれている。食物繊維はもちろん便秘解消に、ペクチンはコレステロール低下効果が期待できる。便秘とコレステロール対策ということなら、薄皮も残しちゃだめですよっ。

【ミカンを食べるべき理由・その3】 血圧を下げ、心臓の血管を広げる

ミカンは古くから心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ食べ物だと言われてきたが、ミカンに含まれるヘスペリジン(ビタミンP)は血管の耐久性を丈夫にするほか、血圧を下げ、心臓の冠動脈を広げる効果がある。

また動脈内にたまったコレステロールを下げ、発生した粥状動脈硬化を改善させることができるそうだ。

さらにカロリーも1個あたり40キロカロリー前後。アメと同じくらいで低いのも嬉しい。まさに健康と美容のために生まれたような果物だ。ちなみに皮にも意外と栄養が含まれている。可能であるなら、煮詰めてオレンジピールのように食べてもいいかもしれない。

なお、ミカンは中医薬的に見ると、咳止め、利尿、肺を潤し痰をなくす効果があるとか。実、薄皮、皮全て薬になるそうである。

こんな身近に古来から絶大に信頼されているスーパー果物があったとは。栄養豊富なミカンとぬくぬくコタツで冬を乗り切りたい。

photo:rocketnews24

参照元: 看中国(中国語)

▼栄養があるのは実だけじゃないぞ
▼薄皮と白いところも健康と美容にいいのだ