「間違い」にまつわる記事

【お前誰だ】ばーちゃん「子猫を保護した」 → 見に行ったら “猫” がどう見ても猫じゃない! 衝撃の正体に孫「5分は笑った」

サルも木から落ちる、弘法も筆のあやまり……どんなプロフェッショナルでもミスしてしまうことがある。だって人間だもの。しょうがないよね。

さて、いま、あるベテランのうっかりミスが、とてもほっこりすると話題になっているぞ。名付けて「猫ばーちゃん、猫を間違う」。ニャンコ大好きなおばあちゃんが、まさかの勘違いをしていたのだ!

続きを全部読む

【正解率50%】1回だけ言うけど「うる覚え」は間違いだからね! 正確には「うろ覚え」だからね!!

自分では自信満々で使っていても、実は間違えている日本語は意外と多い。幼い頃「波浪注意報」を「ハロー注意報」、「台風一過」を「台風一家」だと勘違いしていた人は多いハズだ。そして、大人になってからも誤ったまま使用している日本語第1位は、おそらく『うる覚え(うろ覚え)』だろう。

実は記者も30年近く「うる覚え」だと信じ込んでおり、正確には『うろ覚え』だと知ったときの衝撃は今でも忘れない。いいか、1度だけ言うぞ? 「うる覚え」は間違いだ、正確には『うろ覚え』だからな!

続きを全部読む

【自己嫌悪】酔っぱらって送ってしまった最悪なメール6選 / 間違えて父親に「●●するのが待ち切れない!」と送信など

お酒を飲む人なら誰でも、人には自慢できないような失態を、1つや2つは犯したことがあるのではないだろうか。そして、テクノロジーが発達した現代では、特に気を付けないといけないのが ‟酔っぱらいメール” である。

お酒のせいで正確に脳みそが機能していないと、普段思っているけど口には出さないようなことを、知らないうちに人に送ってしまったりするのである。そこで、海外掲示板サイトRedditに集まった、「今までに送ってしまった最悪な酔っ払いメール」6選を紹介したいと思う。

続きを全部読む

ちょっと待ったああああああ! 「数独の問題集」の表紙に明らかな間違いが / 何秒で分かる?

世の中には「うっかりミス」があふれている。食器をひっくり返したり、左右を取り違えたり、看板の文字を間違えちゃったり、誤字脱字をやっちゃったり……。

今回も、ある「間違い」がうつった写真が、ネット上をちょっとだけクスッとさせているのだとか。さて、あなたはこの「間違い」にすぐに気付けるかな?

続きを全部読む

【動画でチェック】 『モンスターズ・インク』に隠された21の間違い

あなたの好きなディズニー / ピクサー作品はなんだろう? きっと多くの人が『モンスターズ・インク』と答えるはずだ。サリーにマイクにブー! みんな素敵だよね。

そんな『モンスターズ・インク』には、ちょっとした “間違い” が所々に隠れていることをご存じだろうか? 「一体どんな間違い?」と気になる人は動画『MONSTERS, INC. Movie Mistakes, Goofs, Facts, Scenes and Fails』シリーズをチェックしてみよう。実際にどこのシーンのどの部分が “間違っている” のか詳しく教えてくれるんだぞ!

続きを全部読む

『Google フォト』が黒人2人の写真を “ゴリラ” と自動認識して物議 / Google「大変申し訳ありませんでした」と陳謝

2015年5月に発表され話題となった『Google フォト』だが、その目玉サービスの一つに「自動認識システム」がある。デジタル画像から “人” や “場所” を自動で分類してくれるこのソフトは、たくさん写真を撮影しても「後は野となれ山となれ」と整理しない人にとって画期的なものだろう。

ところが、ソフトだって間違いをおかすことがある。なんとこの度、Google フォトが黒人2名の写真を「ゴリラ」と自動認識してしまい、Google が平謝りするという事態になったのだとか……。

続きを全部読む

【衝撃画像】致命的な間違いを犯している社名入り封筒があった

会社という立場から何かの書類を取引先に送るとき、あるとカッコイイのが「社名入りの封筒」だ。いちいち自社の住所などを書く必要もないので一石二鳥。もちろん我らロケットニュース24も、社名入り封筒を使っている。

だが、遠い昔に弊社が発注した「初版」の封筒はひどかった。企業として致命的な間違いを犯したまま、数百枚も印刷されてしまったのだ。住所を間違えるなんてレベルではない。どんな間違いがあったのかというと……

続きを全部読む

マピオンの地図の間違いを指摘しまくっている「なっちゃんさん」とは一体誰なのか? 実際に問い合わせてみると驚きの回答が!

マピオン(Mapion)と言えば、有名な地図検索サイトだ。日本全国の地図が詳細に表示され、ドライブや旅行など、どこかへ出かける時に非常に役立つサイトである。そんなマピオンの地図だが、実はユーザーが地図の間違いを指摘できるのをご存知だろうか? その指摘と独自のデータにより、地図はほぼ毎日更新されているようなのだが、今回取り上げるのはそこではない。

地図の間違いを指摘しているユーザーの中に、驚くべき人がいるのだ。公開されているその名前は「なっちゃんさん」。この人の何が驚きなのかというと、1人で日本全国の地図の間違いを指摘しまくっているのである。一体、この「なっちゃんさん」とは誰なのか? 内部の人が使っている符牒(ふちょう)なのか? 実際にマピオンに聞いてみたぞ!

続きを全部読む

ひとつだけ間違いがある画像9枚/どこがおかしいのか分かるかな?

うわぁ~、ええ写真撮れたわぁ~。信じられへん、パーフェクトやん? と、よろこび勇んで画像を確認してみると……なんでやねん。

1カ所だけ、おかしいところがあるぅ~!!

続きを全部読む

研究者「同じミスを何度も繰り返す人は脳が上手く機能していない」

「同じミスを繰り返さない」「過ちから学ぶことが大切」などとよく言われる。だが、一度失敗したらそこから学ぶ人がいる一方で、驚くほど何度も同じ間違いを繰り返す人もいる。彼らの違いはどこにあるのだろうか。

最新の研究によると、そもそも両者は脳の働きが違うことが明らかになったという。同じ間違いを何度も繰り返してしまう人は、脳が上手く機能していないというのだ。身に覚えのある方は必読である。

続きを全部読む

気づくとすっごくスッキリする画像

以前、気づいてしまうと「キャーー!」と悲鳴を上げてしまう写真をご紹介したが、今回は気づくと、すっごくスッキリする画像をご紹介しよう。

記事トップに貼った画像がその画像なのだが、みなさんはお気づきになっただろうか? この画像の間違いに。

続きを全部読む

間違ったランニングマシンの使い方

ダイエットや健康維持のためジムに通われている方も多いのではないだろうか。

ランニングマシンのかなり間違った使い方をしている女性が話題になっている。彼女の間違い方は逆走やジャンプなんて可愛いものではない。なんとマシンの上でプロ顔負けの華麗なダンスを披露し始めたのである。

続きを全部読む

ダイエットで勘違いしがちな3つのこと

今まさに減量中の方、ダイエットでありがちな勘違いをしていないだろうか? こうすれば体重が減るだろうとあなたが思っていること、もしくは世間一般で言われていることでも本当にそうだとは限らない。むしろ体重が増えてしまい逆効果ということもあり得る。

そこで今回は、ダイエットに関する3つの間違いをご紹介したい。痩せたい方は以下のよくある勘違いに気をつけて、ぜひともダイエットを成功させていただきたい。
 
続きを全部読む